Wednesday, February 6, 2013

またしてもサプライズ!?今度は何種?

今度は何よ!?そんな毎回サプライズなんてあるのか?・・・・・なんて言わずに、最後まで写真を見てください。今日私が経験したサプライズは愛くるしいこと間違いナシ!!

昨日と今日はまたデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)を訪れた。冬なのになんて素敵な日だったことか。ってゆうか素敵過ぎて去年の冬を思い出してしまう・・・・・今冬の積雪量と来るべきシーズンの川の流れがどんなになるか気にせざるをえない。

釣りはやや停滞気味だったか。まあ、自らのオリジナルフライの実験や効果確認をしているわけだし・・・・・。こんなちっこい固体でも選択眼厳しくエッグに食いついてきた!
 次の当たりは強かった!!
 見よ!自らのクレーンフライのラーヴァ(ガガンボの幼虫)はエッグを抑えて食べられていることを!!

胃の調査で、さらにフムフム勉強。これだけしか食ってないから、大きいのにガブリと来たのか・・・・

 次は典型的なスプリング・クリーク色のブラウン!!

ちょっとホッペタに何か・・・・

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今日は同じようなシナリオだったが、流れを読んだ場所に、期待通り来たからハッピー!

 レインボーは決して大きくないが、なんて素晴らしい色づきだったことか・・・
B.P.C(ビード・フェザント・カパー)のサイズ18番にて。そろそろ春のベイティスが活発になり始める時期だからだ

次はカットボー交雑であろう。喉元のオレンジは微かだったが、斑点の量・分布が普通のレインボーと違う(上と比較)。

そして締めに、デピューの池のある場所で釣った。深くゆっくり探った。すると突然大きな当たりが!!な、な、な、なんだ、コイツわ!!???

 サッカー(SUCKER=吸う者、吸い付く者)フィッシュだ!!(ウィキペディア参照

SUCKERには転じて、アホとかヤナヤツとかって意味もあるけど・・・・・どっちが?

 いや~~それにしてもでかかった!!

その場所で夕暮れまで粘った。またしても大きな当たりが!!引っ張る、引っ張る!!強い!!重い!!最後の締めは50cmクラスのトラウトか~~~~!!!
なんと3キロクラスのサッカーだ!!(抱えているのは60キロ台のサッカー)

わざわざテープで測らなかったが、参考程度に私の手の平は10cm前後・・・・・・・・

サッカー君達は無事池に戻され、次の世代=トラウトの餌=を生み出すことを願います。
では御愛読感謝!!サッカー君の口を借りましてサヨナラ・サヨナラ・サヨナラ!!
video

ちゃんちゃん・・・・・・

No comments:

Post a Comment