リヴィングストンのスプリング・クリークのトラウト捕食物

私は、リヴィングストンのスプリング・クリークにて、たくさんの水生昆虫採集と胃のサンプル(ポンプ)を行ってきた。また空中に舞っている昆虫を採集網を片手に追い掛け回すこともある(30代半ばの男が無邪気に走り回っているのを想像することなかれ)。このリストが今の所まだ完全でないのは知っている。いい写真が出来るたび、またもっといろいろ採集するたびに更新していこうと思う。各種昆虫が生きている状態の写真(空中・水中)は、我々がフライをデザインする上で役に立つが、ストメック・サンプルの写真は我々が正しい方向・間違った方向に進んでいるかを確信させてくれる。ある日本人釣り人から頂いたサンプルのための皿は、測りが着いているので、昆虫のサイズを良く確認できる=つまり私達のフライのサイズを選ぶ決め手になる。

ストメック・ポンプの実践。写真はトム・トラヴィスより。
キック・スィーン(蹴り網)の様子。ベティズ・リッフルにて。
採集した昆虫を別けている様子-写真はトム・トラヴィスより。

メイフライ
春ベイティス(ブルー・ウイング・オリーヴ)のニンフ
 春ベイティス

秋ベイティス(ハッチが強いとき、トラウトはこれほどタラフク食べるということ)

秋ベイティス

羽が発達しかけで、水面を上昇中に捕食された秋ベイティスのニンフ(トラウトはハッチのある段階に集中して捕食することの証明)

PMD(ペイル・モーニング・ダン)
PMDニンフ
 ニンフの殻を抜け出る瞬間(エマージャー)!!
PMDスピナー

 マホガニー・ダン

サルファー


ミッジ
成虫に混じって、ピューパやその抜け殻も捕食されていることに注目

雪上の成虫
ミッジ・ラーヴァ


カディス
ケース・カディスのラーヴァ

春のカディス
フリー・リヴィング・カディス・ラーヴァ


テレストリアル
黒いアリ(とミッジ)

バッタ(ホッパー)



その他水中捕食物
タニシとブラウントラウトのエッグ(とベイティス)

ブラウントラウトのエッグ(25cmのブラウントラウトの胃より)
もっとエッグ(と水生ミミズ)
 さらにもっともっとエッグ!!(35cmのレインボーからのサンプル!!)

ソウバグ(ワラジムシ)
各サイズ。

スカッド(淡水エビ)
各サイズ
交尾中・・・・・・


タニシ(胃のサンプルより)

ガガンボ(クレーンフライ)のラーヴァ(とタニシ)


ゴールデン・ストーンフライ(カワゲラ)のニンフ
 腹側
アルビノか、それとも脱皮の過程か!!??デピューより。

比較対照!!

ゴールデン・ストーンの成虫!!



水生ワーム(ミミズ:胃のポンプより採集。まだ生きていた)
蹴り網にて大量捕獲!

スカルピン(SCULPIN)=カジカ。蹴り網に死んだ状態で収集された。
カジカ-上から
 カジカ-腹側
 カジカ-側面

ベイビー・レインボー
たったの35cmの痩せ気味のブラウントラウトのストメック・ポンプをしたら、なんとこれらが出てきた。水面下での弱肉強食を改めて思い知らされた。

ヒル=リーチ(LEECH)。これくらいがクリークで最も多く見られる。トラウトの体に貼り付いていることが多々・・・・・・。



ミズムシ(池やその周辺で見られる)


No comments:

Post a Comment