Sunday, April 9, 2017

春のフライ・フィッシング絶好調

春の天候はフレンドリーなままで、ウェーディングでの釣りにも出かけるようになった。
地元のB川で、ある区間を自分達だけで釣った。30㎝を超す立派なレインボーを釣った😎(写真無し)。レネーにここで釣るように読んだら、直後当たりが来て、ジャンプで大物ぶりを見せつけられた😲。

もう何尾か釣って、ストメック・ポンプの中身によると、産卵期を示していた。
イエローストーン川のとある区間と枝流では、ミッジと春ベイティスのハッチが絶好調だ!今シーズン初のドライフライとライズを楽しんじゃってる最中!
 😏
ミズーリ川の‟ランド・オブ・ジャイアンツ”と呼ばれる区間に向かった。
この区間は特に秘密になっているわけではない。産卵期(春と秋)に、アッパー・ホルター・レイクからトラウトが遡上してくるのだ。トラウトの大きさは、周囲の地理的特徴と同じくらい雄大になりえる。彼女の誕生日に6番ロッド一式をプレゼントした。エコー・ブースト・ロッドリオ・グランド・ライン、そしてレディントン・べへモス・リールだ。この日が、この真新しい道具の釣りおろし。区間と構造を読み解き、彼女にものすごい当たりが来た!!真新しいロッドは曲がり、ラインは伸び、リールは歓喜の悲鳴を上げた!!彼女もトラウトもファイトし、なんとかネットしてあげられた。
54㎝ものレインボーだった😎😨😁 !!
 少しあと、私が45㎝の立派なレインボーを釣ったが、彼女の大物に比べたらかわいい小物だった・・・・
その後、何回か当たりがあり、車に向かって釣り上がった。とすると、レネーにまたしても巨大な当たりがきた!!
彼女のガイドがヘマやらかすまで・・・・😰😱

雪代前のシーズン=春の釣りがいかにすばらしいかは言葉で言い表せない。釣り人の数もプレッシャーもシーズンの最小限だ。春の天気は変わりやすいが、それはモンタナのどんな季節にも当てはまる。近い将来春休み・ゴールデンウイークを利用して大釣行を計画しよう!!