Wednesday, August 7, 2019

夏のフロート・トリップ

夏のピークを迎えている気がする。気温は30℃前後の日々が続いている。といっても、ここ1,2週間のことで、全体的には、私が覚えている限り涼しい夏だ。イエローストーン川はちょうどいい感じの水量・水温で流れ続けている。フロート・トリップが楽しい季節だ❗❗

もちろんドライフライ❗❗


背景に見えるよう、空が雲で覆われたときには、ストリーマーが驚きの結果をもたらすことがある😲

そして・・・・・・ビッグホーン川😎
以下は、来るべき超ビッグなガイドトリップのための単独スカウト釣行😏
この川こそ、8月・9月のフライフィッシング目的地🙌
まず初めに、この二日間で釣り上げたトラウトは全て引きが物凄く強い😲💪💪❗❗
寄せるのにかなりの力と時間を要した。もちろん、それは楽しみの時間でもあったが!!
 決してわざとやったわけではない。カディスが水のボトルに飛び込んできた😅
 だから引きが強いって💪💪
 何がハッチしてるのか・・・・







ビッグホーン川はモンタナで一番人気河川のひとつだから、また今日のインターネットのおかげで、いろいろな情報がすぐ広まる。ダムからの放水量が多い、魚の数が減っている、ハッチのサイクルがおかしくなった、などなど・・・・・これらは必ずしも正しいわけではない、というよりむしろデマに近い。
以上私の写真が証明しているよう、トラウトはたくさん泳いでいる。また今年は流れは澄んでいていて、水量はちょうど理想的。そして物凄い量の水生昆虫がハッチしている❗❗
今日はここまで❗❗
それでは、次のポストは遠征後になるだろう、おそらく9月に。もし生き延びたらだけど・・・・・😬

Wednesday, July 24, 2019

リヴィングストンのスプリング・クリークのペイル・モーニング・ダンのハッチ

写真は6月終わりから7月上旬のものだが、リヴィングストンのスプリング・クリークではペイル・モーニング・ダン(PMD)のハッチは今でも強く続いている。私のガイド・キャリアが始まって10年近く、このイベントは毎年誰もが待ち焦がれ、ガイドと釣り人を決して裏切ることはない。

前回のサーモンフライのレポート同様、PMDのハッチもおかしな天候にかなり左右された。夏至に雪が降った6月中旬の寒波、たいていその期間にハッチを見始め、ハッチが徐々に安定し、強くなっていく様子を観察する。PMDは確かにハッチしたが、遅くにやってきた。午後1時、3時、3時半、などなど。そして遂に夏らしい天候がやってきてから、ハッチは早い時間帯に移った。12時半、正午、午前11時半、11時、10時半、など。私の立場としては、初めの数回のトリップのときのランチの時間の設定と提供がかなり難しかった😓

以下は、ナレーション少な目の写真集。
水生昆虫の写真は今年これからクリークにやってくる釣り人にとって役立つであろう。また来年・再来年以降に計画している釣り人にとっても。




自ら釣る日もあった😎

 とある釣り人達🦌🦌



こいつらもクリーク沿いをはい回りはじめた🐜
自ら釣る日もあった。その2😎
ついにとぉーちゃんがしっかりとしたトラウトを次世代のフライフィッシャーに見せることができた。彼の名前通り、セイジ・ロッドとスキューイーズの方法で釣り上げた😏


しばしばPMDだけではないときもある。

サルファー


PMDの真っ最中でもコイツラも忘れることなく
そして激レア、サルファー・エマージャー

今年の残りの夏か秋に訪れる場合はクリークで出会うかも😉
今年来れなかったら、来年・再来年、あるいはそれ以降に計画しよう😉

Wednesday, July 17, 2019

マディソン川のサーモンフライ

マディソン川のサーモンフライ(巨大なカワゲラ)のハッチは今年もいざやって来てはすぐ去っていった。ガイド・トリップを敢行していて、またリヴィングストンのスプリング・クリークでPMDのハッチ(絶対次のポスト!!)もガイドもしていたので、ブログをはじめSNSのアップは単にできなかった。

ベテランから訪問アングラーまでーもちろんネット上もーこのハッチを狙う釣り人の川沿いの話・情報は:今年はおかしな年だ、と。ここ、あそこと局所的なハッチで、最高潮に達しなかった、と。私はアイデアというか説明がある。天気だ❗❗❗❗ 
6月中旬一週間物凄く冷え込み、夏至には雪が降ったほどだった。その後暖かく“夏っぽく”なったが、6月終わりから7月上旬はほぼ毎日午後・夕方雷雨に見舞われた。なので、川の水位と澄み具合は完璧だったが、水温と気温は低めだった。少なくとも私にとっては、これでかなりの説明がつく。がっかりした釣り人も多かったようだが、サーモンフライはハッチし、トラウトはドライフライに出てきた。もうひとつ強調したいのは、ものスゴイ量のカディスがハッチしていたということだ。またゴールデンストーン(サーモンフライよりやや小さく黄金っぽいカワゲラ)と何種類かのメイフライもハッチしていた。訪問アングラーのほとんどが大型ドライフライへの爆発的な反応を期待してやって来るのは理解できるがー特に一度でも経験したことのある釣り人ならばなおさらーガイドとしての見解は、この川のこのハッチは、他の河川の他のハッチと同じだ。ハッチは自然現象の一部であるということ。アドバイスをさせていただけるなら、大きな期待を胸にモンタナに持ち込み、そのうえで、その年・その川で何が起こっているかを習い、そして受け入れよう。

私達はハッチを追いかけた。ボートを出す場所でコイツラを見つけたので、的確な区間を選択したようだ❗


暖かくなるにつれ、コイツラはさらに活発になった。


そして嵐の前の静けさが、私達にとっての絶好時間帯となった❗❗



別の日・別の区間ではこれらを見つけた。あえて解釈するなら、おそらく冷たい天気のせいでハッチしきれなかった、というところだろうか。
 上述したよう、ゴールデンストーンとメイフライのドライフライにもけっこう出てきた❗

これらが、今シーズンのマディソンのサーモンフライのハッチから私が習ったことだ。
来年、あるいは近い将来、大きな期待と今年習ったことを持ってこよう❗❗

Sunday, June 30, 2019

私達のイエローストーン国立公園開幕日

私のガイド・シーズンはリヴィングストンのスプリング・クリークでのペイル・モーニング・ダンのハッチと共にスタートした。これらは次のポストで。
その合間にちょっとファミリータイム。イエローストーン国立公園を運転し、河川の様子をチェックした。これらはすべてが👶にとっては新しいこと。

彼レベル😂
 😎
 おとーちゃんだけ釣って、最後の努力でおとーちゃんやったよ😎😂
私達はイエローストーン国立公園に気軽に出かけるのが好きだ。彼がもっと大きくなるにつれ、もっとたくさん探索に連れていってあげたい。

夏は始まったばかり、モンタナ・イエローストーンでお待ちしてます👋