Sunday, September 14, 2014

スルー・クリーク手記

イエローストーン国立公園では、モンタナに比べて、秋(冬?)が進行するのが早いと思う。燦然とした優雅な季節の一言だ。木や草が色を変え、野生動物も丘の上から降りてくる。
釣りに関しても、調節や観察が必要だ。トラウトは些細な変化にも敏感である。水温、暖かい時間帯、水生昆虫のハッチ、テレストリアルの行動、などなど。これまでもう何度もポストしてきたよう、イエローストーン公園内には大好きな水系がたくさんある。どれかひとつ選ぶのは難しいというかほぼ不可能。しかし、スルー・クリークのキャンプ場以下の区間では、毎年ドラマに出くわし、何かしら考えさせられる。

クライアント一名をそこに連れて行った。駐車場の車の数に関わらず、いわゆる絶好ポイントにはなぜか誰もいなかった。おかしい・・・・・・。多分、ハッチもライズも何も起こってないように見えていたからであろうか。晴れていて、暖かめ(秋のレベルで!)だったので、コオロギのパターンを選んでみた。クライアントは余所見して初めのライズに合わせられなかった。次にバッタのフライを結んだら、それほど大きくないがレインボーがアタックしてきた(写真無し)。ちょうど“ポンプ”に適した大きさだった。するとたった一匹グリーン・ドレイクが出てきた(写真無し)。どうやらそれはその日の午前中に捕食されたのだろう。もうすでに午後半ばだった。なのであくまで“理論上かつ一般的”に主要なハッチは終わってしまっただろう、と。それでもグリーン・ドレイクのフライを上手にみせれば、トラウトが反応してくるかもしれない。
私の経験的動物的勘は実現した、というか、トラウトが反応してくれたような感覚だった。
 さらには、わずかながらだが、確実にグリーン・ドレイクが我々の周りでハッチを始めた!!トラウトはフライを追い始めた!!

これはイエローストーン公園での釣りで一番おかしかった瞬間!!
クライアントが寄せてきたけっこうなトラウトをネットすると何かおかしな付属物が・・・・・・。なんと誰か以前の釣り人のフライが頬にささったままだったのだ。しかし、それはいわゆる“ドライ・ドロッパー”で、頬のニンフにはティペットが結ばれており、その延長上にはアトラクター・ドライフライがしっかり着いていたのだ!!おそらく“ややスレ”でかなりのファイトで捕り込みに苦労した挙句、フライを両方切られて逃げられたのだろう・・・・・・・・。トラウトにしては“トゲ”が刺さったままずっと泳いでいたことになる。なのでリリースの際、しっかり外してあげた。
・・・・・・・・・私のフライはしっかり口で捕らえられているのに・・・・・・・・\(^~^)/!!
さらに釣り続けると、特別大きな影が浮き上がってきた!!
かなりのファイトだったが、クライアントはなんとか持ちこたえ無事取り込んだ!!
潜水艦を持ち上げた!!
誇張と御世辞抜きで、これはスルー・クリーク最下流でこれまで捕らえた最大級!!!(自らとクライアントのキャッチを合わせても)。
これまで、たくさん経験させられたよう、またしてもスルー・クリーク最下流での神秘的な経験となった・・・・・・・・・・

それではフライ:マスター・アングラー(師匠)のグリーン・ドレイク・ソフト・ハックルドライとして釣る。
これはもう説明不要なはずだ。私の記事、フライ・カタログ、タイイング・ビデオなどなどを見返してほしい。

今年の秋は特別いそがしい!!!!

秋深まる(ちょっと速目に・・・・・)

今年の9月はおもしろい傾向にある。確かに秋だが、天気はその日によってかなり変化する。8月が終わって、一度減少傾向だった旅行者・訪問者がまた増加しているようだ。ひょっとしたら、一番安定しているのは、「釣り」か!!??

たったの5分間、しかし強烈な雹の嵐のせいで、それまで澄んでいた川が突然濁った・・・・・

今年のイエローストーン川のハッチは物凄い!!涼しげの天気のせいで、今年はテレストリアルのフィッシングがあまり効果が期待できない日々がある。その代わり、ハッチを解読するのが、今年の夏・秋のゲームだ!!つい先日、クライアントをボートに乗せて、ほぼ一日中複合ハッチに出くわした!!種類といい、異なる大きさといい!!
間違っていたら指摘してほしいが、それほど的外れでもないと思う。
ヘプタジェニア(クリック
 ヘキュバ・メイフライもしくはウェスタン・レッド・クイル(クリック
 カットスロートはライズ好き!!

そしてついにこの日がやってきた・・・・・・・・・これは昨年10月・11月などからではない。2014年9月11日だ!!
冬用衣類全て装着!!繰り返すが9月上旬・・・・・・

 ブラウントラウトが動き出した・・・・・・・

  
夏が短かったということは、秋が長くなるということか!!??
シーズン初めに予測したよう、今年の秋の釣りはすごいことになる!!

Sunday, September 7, 2014

秋のガイド・ギアとフライ

この地域の定めと言うべきか。9月に入るにつれ、我らがイエローストーン・カントリーへの訪問者は格段に減少する。しかし、真剣な釣り人は、そんな状況を把握し、目的を持ってこの季節に訪れる。私のガイドの予定は、確かに過去3ヶ月に比べゆっくりになるが、常に目を光らせているし、出陣の準備をしている。またスカウトにも行くし、自らの楽しみのために釣りに出かける日々だ。このポストには、最近得た用具と秋のためのフライについて。

以前のポストで触れたよう、ヴェストに付けていた時計が御臨終になった。先日、某全国区百貨店に見繕いに行った。私はハイテク技術の腕時計を必要としない。理由1:腕に巻くのが好きじゃない。理由2:知りたいのは時間であって、その他の昨日は不要。理由3:どんな製品だっていずれ壊れる。最悪の場合、失くすこともある!!今度のは、12ドル88セント防水機能のはず。釣りの際の動きの邪魔にならないように、ヴェストに結びつけた。これからどれくらい、私の活動とモンタナの天気に耐えられるのだろうか・・・・・・。以前書いたよう、前の時計は7年も働いたのだ。
パタゴニアのこのフリースは最高!!(ここをクリック)暖かくて心地良い!!

フライ・タイイング・ベンチでもいそがしい。今年の秋は、これらストリーマーで釣っている予感がする・・・・・・。12cmくらいのパターンもあれば、ほんの2~3cmくらいのパターンもある。超強力接着剤やコンクリート並みの仕上がりの製品の代用物を探していた。これらの製品は大好きなのだが、指やベンチからの除去・掃除がかなり面倒になる。地元の金具屋・雑貨屋でちょうどいいものが見つかったかもしれない。
久々にダブル・バニーを巻いた。
ここ数日で全部巻き上げたわけではない・・・・・・・・。以前巻いたもののヘッドを強化して乾かしているのだ。

これらこそ、つい最近巻いたもの。
これらはいわゆる“マイクロ・ゾンカー”のヴァリエーション(色・サイズ)だ。


そして、秋用の大型ソフトハックルも順調に巻き貯めている。私がソフトハックル・マニアである事実に説明は不要だろう・・・・・・。コヨーテ(右側)とミスター・オー・オー
これらは、大河川とスプリング・クリーク両用。充分巻き貯めたはずだ!!??

Tuesday, September 2, 2014

8月の終わりイエローストーン公園

7月と8月は、いそがしかったり、ゆっくりだったりの繰り返し・・・・・・・。とにもかくにも8月は終わってしまった。また実質“夏”も終わりを迎えている。しかし、まだまだガイドの予定も釣りの季節もたくさん残っている!シーズンのまとめなどにはまだまだ早い!

繰り返せずにいられないのだが、それにしても水量が豊富な年だ。地域のほとんどの河川は、夏中冷涼に流れている。久しぶりに、自分一人で釣りに出かけた。もはや“夜明け前の旅人”ではないが、それでも一番乗りだった。道路を占領しているバッファローの群れをすり抜け、ソーダ・ビュート・クリークの一番好きな場所に降り立った。その日の第二キャスト目・・・・・・。カットスロートと早朝の陽射し!!

どうやら、前の晩に“羽アリの交尾大飛行”が起こったようだった・・・・・・。

実にトラウトはオナカ一杯でゲップしているようだった・・・・・。その後何尾かネットしたが、その他たくさん、フライを見に来たり、食いが浅かったりがあった。
それでも、「あれ」が始まったら、トラウトは急に態度・行動を変えた!!
そう!!秋のグリーン・ドレイクのハッチだ!!

ある場所で、とあるトラウトが他の個体とは違う捕食の動きをしていた。ハッチの最中にも関わらず、水面を破らずに水面下で積極的に捕食し続けているということは・・・・・・
しかも記録にも記憶にも残る固体であった!!
午後ラマー川にも寄った。あるたったひとつの場所だけなのに、当たりまくり!!で、最後がこの立派なカット・・・・・・。これで充分すぎた。なので撤収。
それでも常に観察する姿勢は変わらない。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、日本人アングラー二人を同じ方向へガイドする予定になっていた。繰り返すが、上記のトリップは、自分自身のためであって、スカウトの意味合いはなかった。正直言って、釣りの心配はしていなかったからだ。私の気を揉ませたのは・・・・・・・・天気がどうなるか・・・・・・持ちこたえるのか・・・・・・・・

出だし好調!!

予測通り・・・・・・!

さらに大きく!!

ハッチとライズへの期待が高まると同時に、降水量も高くなるばかりだった・・・・・・・。実に地域全体が大雨となった。この写真は、ラマー川とソーダ・ビュート・クリークが“チョコレート色”になる数時間前になってしまったということ・・・・・・・。

しかし、午後半ばになって(スルー・クリーク最下流でがんばっていた)、降り注ぐ雨がゆるんだ。すると(ほぼ奇跡的に!?)、水生昆虫がハッチし始め、トラウトのライズが始まった!!このおかしくかつ不定期的な天気のパターンのせいで、水生昆虫の行動もおかしくなっているのだ。

さすがにやや早め、でも秋のベイティスが大量にハッチしていた!!
そして、散発的かつやや遅めながらも、グリーン・ドレイクもハッチした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
フライに関しては、私の御用達パターンが効率よく捕られている。
ドライフライ(クリック
エマージング・ニンフ(クリック
ソフトハックル(クリック

これから秋が深まるにつれ、川・トラウト・水生昆虫はどんな様相を我々に見せるのか・・・・・・
こう御期待!!

Sunday, August 24, 2014

8月後半フロート

晩夏にしても快適な夏だ。日本的残暑がない。釣りも最高潮のシーズンのままだ。それもこれも涼しい夏のおかげ(実は寒いのだが・・・・・・後述)。

今月前半二週の濁ったり澄んだりの繰り返しから、イエローストーン川は雰囲気を変えたようだ。私の第一選択はやはりドライフライだが、状況によっては深く釣る。ホワイトフィッシュが例年より早くアグレッシヴな気がする?
川を横断・・・・ 彼らは、川の深さと強さを悟り、途中で引き返した。

ボートを降ろす際見つけた・・・・・死んだカジカ。
イエローストーン川をストリーマーで釣るには最高のインスピレーションだ!!!
もうひとつ、深く探った結果・・・・

なかなかのブラウンだ。秋が近づくにつれ、さらに肩幅広く重く成長するだろう。
ここでひとつ御愁傷様。
某大手百貨店で7年前に買って、釣りベストにぶら下げていた時計がついに死んだ。たしか14ドル95セントくらいだったと思う。その間ベストを2回代えたけれど(つまり3着で、今はその3着目)、この時計はその間ず~~~っと私に仕えてきた。

ドライフライでダブル!!=ボートのクライアント2人が同時ヒット!!

涼しい夏と言い続けてきたが、さすがに天気が行き過ぎの模様・・・・・・。8月のもう一週が残っていると言うのに、雨・嵐模様が続き、気温は10℃台に冷え込んでいる!!今これをタイプしている際(もちろん家の中)、フリースの上下を着用。もちろん川ではウェーダーが必要だ!!

寒くなるにつれ、さらにこいつらはアグレッシヴになっている!!
もちろんこの酷い天気は川の様子と釣りの状況にも影響を与えている。もう少しバッタで釣っているはずだったのに・・・・・・。さらに良くも悪くも水生昆虫の行動にも影響を与えている。イエローストーン川において、常に観察眼を光らせ、習う姿勢を忘れなければ、ある特定の場所・区間で秋ベイティスと各種ドレイクのハッチとそれに伴うライズを見つけられる!!!
いろいろ試したけど、全然当たりが無かった日・・・・・・。ついにハッチとライズの一群を見つけ、クライアントにドライフライでのアクションを提供することができた!!この当たりは大きく、クライアントに歩きながらファイトするよう指示した!!
やった!!
立派なイエローストーン・レインボーだ!!
小さなドライフライに。それまで大きく重いフライ(ニンフとストリーマー)を投げ続けた私達の努力は何だったのか・・・・・・・
ちなみにこれが、川の透明度。少なくとも私達が手を突っ込めるほど暖かくはあったが・・・・・。
天気予報によると、来週から夏が戻るそう・・・・・・そう願いたい・・・・・・・。
つまり、我々はまた夏の釣り方を習うことになるわけだけど・・・・・・。
こう御期待。