Saturday, October 18, 2014

ライズは上、当たりは下

デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)のウインター・パスが始まってから、3日連続の濃密な釣りから一休み。“今年の魚”をすでに釣り上げたのか?秋のハッチはどう?今の所、今年の秋は過去と比べ、一味違う。もちろんいい意味で。振り返ってみよう!

10月15日、私も含め“常連”が我々の“開幕”のために募り、各々お気に入りの場所で釣りを楽しんだ。開幕前のスカウトから、今年は、大型ブラウンの産卵のための溯上がまだ始まっていないように見えた。なので、各スポットを探りながらの釣りとなった。この結構なブラウンが今年のウインター・パスと新しいカメラの開幕第一号だ!!
それにしても風がひどかった。リヴィングストンの住む人々にとっても、ヤル気を消失させられるほど。遅くまで粘って、風が治まることを期待したが、全然・・・・・・・。それでも、この美しく秋色に 染まったカットスロートを釣った。
そしてレインボーも。今年のレインボーは一際引きが強く丸々している!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月16日、第2日は、それほど大きくはないが明らかな溯上レインボーで始まった。
 そして、前日の経験と観察から、この日には明確な計画・作戦があった。朝からミッジのハッチが物凄い!!
 クリークのとある場所での、ハッチが驚愕の一言!!クリークで起こりえるその他全てのハッチの中でも、これは間違いなくベストのひとつだ!!!
 上のとは別のレインボーだよ!
そして、回遊しながら捕食を繰り返していたレインボーを観察した。これまた格別なサイト・フィッシングの経験・結果となった!!
間違いなく溯上レインボーだ!それとも潜水艦か!?
ミッジの成虫が当たり一面・また一日中飛び回っていたが、実際にトラウトが捕食していたのは・・・・・・。
秋色のカットボー(カットスロートとレインボーの交雑種)!!
なかなかのブラウン!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月17日、第3日は格段に冷え込んだ。そのせいか、ハッチもライズを少し遅れた。ってゆうか前日がすご過ぎたんだけど!!まず、朝の影の中でもよく映えるブラウン!!
夕食と朝食をチェック!
 ミッジも楽しんじゃってる!?
力強いレインボー!!
午後にはまた立派なブラウン!
ちょっとカメラで遊びました・・・・・・協力ありがとう!
ハッチとライズの締めは、これまた潜水艦並みのレインボー!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
というわけで、私はドライフライで釣っていたの?確かにミッジのドライフライで水面上を釣った。しかし、95%の当たりは、水面やや下のエマージャーや浮き上がってくるピューパによるものだった。とくにこの・・・・・・・・
ライズをたくさん観て、それに向ってキャストを繰り返したわけだ。しかし、実際のところ、トラウトは水面上の成虫ではなく、上昇中のピューパと表面張力に抗っているエマージャーを好んで大量に捕食していたのだ。これこそ、我ながら味のあるタイトルの基であって・・・・・・

クリークの別の区間でベイティスのハッチをレポートする釣り人もいる。産卵期のブラウンは?町の姿勢・・・・・・・。私の推測:今年イエローストーン川はいまだに平均以上の水量で流れている。加えて、10月の天気はとても暖かいまま。だから、トラウトは今の所、川で心地良く過ごしていて、クリークに溯上する必要性を感じていないのではないだろうか。どっちにしろすぐだ。すぐって?明日かもしれないし、ひょっとしたら今晩かもしれない!!だから10月はデピューズに通い詰めるわけで・・・・・。

こう御期待・・・・・・・

Friday, October 10, 2014

秋深まる&新しいカメラ

今の所10月は順調に日々を消化している。日本の“長月”という表現は、私にとってモンタナでも当てはまる。そしていろいろなことが起こる気がする。例えば、昨年10月は、ひどい風邪に結局31日まで祟られた。それでもガイドも釣りにも出かけた。また、読者の何人かは“あの怪物”を覚えているかもしれない(リンクは必要ないでしょう?)。今の所、今年は静かだ。悪くない。嵐の前の静けさか・・・・・・。

“夜明け前の旅人”の直後、ファイアーホールへガイドトリップに向った。前回のレポート同様、八ハッチもライズも絶好調!!ここで、ファイアーホールが“最も奇怪な川”と呼ばれる所以のひとこま。私達は、午後のベイティスのハッチを、まるでスプリング・クリークと同じ状況の基、真剣に釣っていた。それでいて野生動物(バッファロー)に囲まれ、周りには間欠泉の湯煙が噴出し、それら両方を見つめる観光客にも取り囲まれたのだ・・・・・・・・。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
デピュー・スプリング・クリークで、とある研究プロジェクト。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、自らの仕事と生活にとって、やや大き目の決断・投資をした。2011年夏のこの写真を覚えている?当時新品・・・・・・・・。
あれはまだ7月初めだった。つまりこのTG3104シーズンにも渡って私の過酷な釣りにお供してきたのだ!!今回は壊したり、川に落として流されたりはしていない。しかし、最近、さすがにくたびれていて、機能がやや落ちつつあるのに気付かずにはいられなかった。捨てることはない。これからはバックアップとしていつでも出動可能の状態で控えることになるだろう。もちろんいつだってトラウト共に水中に潜ることだってできる!!

というわけで、これこそ新しい友達。オリンパスのTG850だ(英語)(日本語)。全体的な機能は前任者よりかなり成長かつ精錬されている。特に一番魅かれたのは・・・・・・・・・やはり180度持ち上がる液晶モニター・・・・・・・だって単独行動に出かけることが多いんだもん!!この写真はどうやって撮ったかわかりますか?前に鏡をおいたのだ。
そして編集用のソフトウェアで上下左右反対にした。所狭しのタイイング・ベンチ・・・・・・・・
もちろん私特製の“フライ浮製浮上ストラップ”も継承した!!
ってゆうか、これからもっともっと機能を習わないと!!特にデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)でのウインター・パスが、10月15日に始まる前に!!
好きでも嫌いでも、これからは精錬された“セルフィー(SELFIE=自己撮り)”を期待してやってください!!

Thursday, October 2, 2014

イエローストーン公園夜明け前の旅人(これで最終回!?)- 西側へ

ウェスト・イエローストーンの街とイエローストーン国立公園西側の河川は大好きだ。特に秋がいい。リヴィングストンに定住してから、日帰りにはちょっと遠くなってしまった。さらには、デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)のウインター・パスの常連になってからは、すぐそこで最高の釣りを楽しめるのだから、なおさら自分を促すのが難しくなった。ここ2,3年そんな感じだった。なので、“ウェスト”に向うなら、10月前半でなければならない。ついに、計画を立て、日を設定し、いざ出発!これまでで最も厳しく(厳しい釣行なんてあるのか?)かつシーズン最後の“イエローストーン公園夜明け前の旅人”となった。

私の最初の目的地は、西側入り口からすぐの「かの超有名なプール(淵)」。夜明けのはるか前に到着した。公園内の規則の基づき(人工照明器具を使っての釣りは禁止)、空が白むのを待った。たしかに、このプールはいい・・・・・・・のだが・・・・・・・・・。午前7時ちょっと過ぎには、人と車に囲まれてしまった!!!読者の中には、私のような地元でしかも百戦錬磨の釣り人がそんな場所に向ったのか、疑問に思う方もいるかもしれない。マディソンだけでも、他にもっとたくさん絶好ポイントあるし、大型トラウトだっている。しかし、確かに、このプールは大型ソフトハックルをスイングして、秋の溯上トラウトを狙うのに最も適した場所なのは事実だ。それこそが、こんなに早く家を出て、長距離運転した理由。しかし・・・・・・・この場所についてこれ以上語らない。
とにかく、その「すし詰め」状態になりつつある場所から抜け出た。車を移動させたのではなく、歩いて。そうちょっと歩くだけで・・・・・おっとっと!!結局のところ、移動先の方が好きだもん!仕切り直しでまたキャストしてスイング。かなりの距離を流すと、ググッときたが、すぐバレてしまった。ほぼ同じ場所にまた流し込むと、今度はガツンという衝撃と共に、尾びれが私に手を振っているのが見えた(文字通り本当!!)。やった!!しかし、また軽くなった。またバレたか・・・・・。ラインを手元にたぐると目の前で急に強烈な力を感じた!!おそらくそいつは潜水艦の如く私に向って泳いできたのだろう!!本物の戦闘開始!!無事ネットに取り込んだ!!そう、やはり自らデザインしたコヨーテだ!!

体形と重さからして、やはり下流のヘブゲン湖からの溯上個体であろう。
目的達成!!
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
次の目的地は、ファイアーホール川だ。ハッチとライズが良好との情報が入っていた。ホワイト・ミラー・カディス(Nectopsyche)がハッチし、飛来し、トラウトはこれらを追いかけていた!!


この一尾目はハッチの前、一般的なソフトハックルをスイングして出てきた!
 ハッチが進むにつれ、もっと専門的なパターンに移行していった。
やった!!ファイアーホールをハッチで釣った中で最大級のブラウン!!

もっと証拠をみつけた・・・・

ホワイト・ミラーを模したXカディス。
自らデザインして実験を繰り返し「可」となったダブル・ソフト・ハックルド・カディスのホワイト・ミラー・タイプ。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後はベイティス祭りだ!!曇り空の基(後、一時的雪!!)、秋ベイティスは大量にハッチし、トラウトはライズを繰り返した。しかし、こいつらは“リヴィングストンのスプリング・クリークのいとこ”かのような態度だった。ライズに囲まれていたが、ひとつひとつ真剣に狙わねばならなかった。それでいて、ここぞとばかり、新しいパターンの実験もしたが・・・・・・
新しいパターンのプレミア。詳細は、リヴィングストンのスプリング・クリークでもう少し、実験を繰り返して、合格してから!
そして、ファイアーホールのトラウト達は、私にスプリング・クリーク専用フライを使うよう強要してきた。これは、ノー・ハックル・グナットのベイティス仕様。
デピューズのウインター・パス前の練習などというのはおこがましいほど、真剣に釣らねばならなかった。また自らのフライを試し、検査し、さらなる改良を考えるのにいい機会だった。

一年で最も長い月・最高の釣りの月の絶好調スタートだ!!

Sunday, September 28, 2014

フライフィッシングの教室

9月はよく“移行の月”といわれる。夏が翳り、我々の生活様式が変わる。釣りも含めて。さらに、今年の9月は予測不可能だ!!上旬、雪が舞い降りたと思えば、三日前=25日にはなんと気温30℃以上まで上がった!!そして今これをタイプしている時点で、地域は冷たい雨と風に襲われ、家の暖炉に薪を投げ込んでいるところ!!
まあ、とにもかくにも・・・・・・・・・・・・

先週、その最後の夏日2日間、日本からの釣り人をガイドした。まずデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)にてガイドした。これまた、典型的なスプリング・クリークでの“釣り簿記”となった。初体験者・初心者にはちょっと刺激がきつ過ぎたかもしれない・・・・・・・。スプリング・クリークにて、もっとも難しくかつ焦燥感が募る2つの状況を同時に経験することになってしまったのだから・・・・・・・・・。
一日中小さいミッジのハッチ過去ポストをクリック
ミステリー・スピナーの落下過去ポストをクリック
一日が過ぎるにつれ、片方がもう片方より主要のときもあれば、混合のときもあった!!つまりトラウトはどちらか片方に集中して捕食するときもあれば、両方同時に気分のまま捕食もしていたのだった。さらには、異なる5つの色のスピナーを観察したのだ!!大きさはほぼ全部フック・サイズ20番だった):ほぼ透明感のアブドメン、ラスティー(錆茶色)、グレイ(灰色)、ダーク・オリーブ(濃い緑色)、そして黒。混乱している?実際自分で目にすると、あるいは近い将来訪れるなら、さらに混乱すること間違い無し!!私は、当たり前のことだが、フライを交換したり、クライアントに指示を出したりにいそがしく、ひとつひとつスピナーやミッジの写真を撮る暇はなかった。

真っ暗になってもうフライが見えなくなるまでガイドした。それでもトラウトはライズしていたが・・・・・。モンタナ初釣行にしては、手洗い洗礼・歓迎になってしまったかもしれない。しかし、この経験をこれからの釣りに活かしてほしいと思う。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
次の日は、イエローストーン国立公園内のソーダ・ビュート・クリークに向った。ソーダ・ビュートはじめ公園内その他諸々の河川は、各々特徴と難癖があるが、クライアントは前日の経験を踏み台にして進化していた。いきなりフックアップ!!

はじめてのネイティブ・カットスロートおめでとう!
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
スプリング・クリークはフライフィッシングの教室そのもの」という私のマントラ=座右の銘をまたしても思い起こさせられる経験であった。これは、けっして旅の釣り人だけでなく、ガイドにもあてはまることだ。そして「習うことと観察することに終わりは無い」。先日は乗り切れたけれども、今また次に備えて、スピナーとミッジのパターンを巻き貯めて、区分けしはじめた。そして秋ベイティスのハッチが近づいている。いわずもがな、秋ベイティスこそ、シーズンを締めるフライフィッシングの究極
いつでも来い!

Sunday, September 21, 2014

習うこととガイドすること

先週いろいろためになるガイド・トリップを経験した。クライアントがいろいろ習いたいとがんばり、私はガイドとして、そんな一生懸命の釣り人をアシストできることができた。絶好ポイント(もしくは区間)、駐車場所、ハイキング道、などの知識だけでなく、ガイド・トリップには「クライアントに教える、コーチする」要素が含まれている。クライアントがその日の目的・目標を達成するため、私と共に一生懸命努力していただけると本当にありがたい。その日の終わりに、クライアントが目的を達成できてうれしいなら、私も同じくらいうれしい。“ティーチング・ガイド”として、この責任を真剣に受け止めている。同時に、私自身もクライアントや様々な状況からいろいろなことを学んでいるのだ。例えば、クライアントの技量。何が得意か、何を改良すべき等。あるいは、あるポイントでは、普段とは異なる流れの読み方とフライの見せ方を必要となる、など。このようなひとつひとつの積み重ねが、知識となり、“方法の引き出し”となり、未来のトリップ・異なるクライアントをガイドするのに役立つのだ。ってゆうか、ほとんどのクライアントは右利き!!!これまでもうたくさん右手でキャストして、左手でラインを操る見本を示してきた。今ではもう立派な両利きになってしまった!!

というわけで、このクライアントは、イエローストーン・カットスロートを釣りたいとのこと。彼は全くの新人ではなかった。仮に、それなりのフライを持って、この区間に自ら赴いたとしても、そこそこ釣果をあげていたのではないか。私は、いかに大きな川を小さく区切るのか、どのような角度・距離でフライを見せるのか、等々、紹介することができた。結果としては、午後中休み無く当たりがあった。しかもその間たったの50メートルくらいしか動いていなかった。この大きなカットスロートは、彼にとっても、私にとっても、ボーナスのような経験だった。まず私が、岸際の浅い場所を旋回しつつライズしている個体を発見した。クライアントがしっかりキャストし、完璧に合わせた!!まるで自ら釣りをしているかのよう、感覚がバシバシ伝わってきた。

もひとつ!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、日本からの釣り人をガイドした。どこに出かけるか、いくつかオプションを話し合っていたが、最終的にはここリヴィングストンの三大スプリング・クリークのひとつ、ネルソンズ・スプリング・クリーク(www.nelsonsspringcreek.com)に向った。
ミッジがこの日のメイン・ディッシュだった!!!

この環境(景色、クリーク、トラウト、ハッチ等)は、ほとんどの日本人アングラーにとって初体験だろう。キャスティングやフライの見せ方(メンディングも含んで)などをアドバイスしつつ、クライアントが慣れてかつ、吸収していくにつれ、当たりがきた!!
初めまして!!
トラウトを的確に扱い・持ち上げることを伝えるのもガイドの役目。特にこういう大物ならなおさら。もちろん写真映えするように・・・・・・それにしても北川さん、素晴らしい写真をありがとう!!
おめでとうございます!!

午後・夕方と、やはりミッジが活発だった。それまでもうたくさん躍動感抜群のレインボーを感じてもらったが、やはり重く力強いブラウンを体験してもらいたかった。ちなみにどちらも典型的なネルソンのトラウトの特徴だ!!
最後の光の下、もう一回最後の努力!!
やった!!
50cm級・推定2.5kgを6Xに結んだサイズ20番ミッジにて・・・・・・・
北川さん、おつかれさまでした。またのお越しを楽しみに待っております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
それでは、フライ。ほとんどのパターンで効果があった(一般的なもの、オリジナル作)。ここで、トラウトの厳しい試験・検査を潜り抜けて、無事“レギュラー=フライ・ボックスの一角を占める”となった、真新しい2パターンの紹介だ。
ピューパージャー3(ソフト・ハックル・エクステンデッド・ピューパージャー)
ピューパージャー4(アンブレラ・ピューパージャー)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
秋はまだ始まったばかりだ!!