Saturday, February 28, 2015

2月の終わり(春の始まり?)

それにしても2月は変な月だった。気温15℃以上の陽気から始まり、今月末はマイナス7℃前後。
釣りも同じだ。月初め、全く厳しい状況から始まり、今は奇妙なことにいい!振り返ってみよう!

毎週デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に通った。今季は、ブラウンは産卵期から早めに回復した模様だ。大きさに関わらず、ファイトが強い!レインボーのターボ・エンジンを思わせる!


 そして, 春のハッチが始まった!!  これは、私の手記・経験に基づくと、例年より1ヶ月も早い!!
春のハッチとはつまり: ミッジとベイティス



ペイル・モーニング・ダンもか!?
そしてレインボーは静かかつ確実に動きを見せている・・・・・・
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
もうひとつ喜ぶべき驚き!2月末にガイド要請!この季節、ほぼ全く予測はしていなかったが(また突然)、私のガイド・サービスと私自身は一年中出動可能だ。ガイド・トリップの準備は考えるより、本能的になっている。すぐに準備完了。そして行き先は、自分にとっていつものデピュー・スプリング・クリーク。上のレポートよりはやや散発気味だったが、それでもクライアントに春のハッチを紹介することができた。
 ハッチの後は、ニンフでしっかりかつ効率的にクリークを攻めた。これはかなり色鮮やかなカットボー!


 冷えた・・・・・・それでもアクションは続いた。

これでトラウト全種網羅!
このトリップはもちろん今年初めて、そして自らのアウトフィッティングにとっても初めてのトリップとなった。合格スタートと言っていい。3月はどうなるのか。

Sunday, February 22, 2015

スプリング・クリーク・レポートと“名も無き”プロジェクト

先週、天気は冬らしくなった。この辺に住んでいる誰しも、去年の今頃の厳冬・猛吹雪を思い出したくは無いが、私は、暖かすぎで乾燥気味の冬は好きではない。季節の変化を感じたいから。

曇り気味の午後を選んで、デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に向った。以下の写真が結果を説明してくれる!
けっこう良型、今年一番のブラウン!
これするのに充分暖かかった。
同じく
レインボーが活発に・・・・・・
そして、状況が揃うと(やや暖かめで晴れ、それでいて無風)、ミッジがハッチしている!今年初めて、ライズし続けるトラウト(といっても1時間以下だが)を狙って釣った。大きさに関わらず、楽しい・うれしい!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アトランティック・サーモン・フライのシーズンも最終局面を迎えつつある。昨年11月の時点では、様々なビジネス関連の予定で(アウトフィッター申請、会社立ち上げ等)、今シーズンはどうなるか明確に計画できないでいた。ましてや、最後の計画はどうなるかなど考える余裕はなかった。それでも、フライを仕上げ、フレイミングも習ってきた。なので自らに、最も野心的かつ挑戦しがいのある課題を設定した。この本に、故アル・コーヘン氏によって紹介された“19世紀からの名も無きパターン”3つ完成させることだ。
前回のポストでそのひとつを紹介した。
これがフロント・カバーに見られるフライと同じか・似ているか、あなたが審判になって!
  
そしてアルの章に登場するパターン。これはものスゴイテクニック・たくさんのマテリアル・そして時間を要する!!
  
フレイミングについては、計画とアイデアはあった。しかし、実際その通りになるかは疑心暗鬼だった。しかし、信じてがんばれば奇跡は誰にも起こるのだろう。
これが完成形。
45cm×35cmのシャドウボックスにフライ3つ同時に、また故人に向けた、私の個人的手記をしたためて納めた。
これは第一ラウンドだ!
昨夜第二ラウンドを開始した。同等のフライを再製するつもりだが、フレイミングについては、まだ決めてない。同じく仕上げるのか、色等を変えるのか。どっちにしろ常に改善を胸にがんばる!!

Sunday, February 15, 2015

時々冬

この時期に相容れない・信じがたい、気温15度前後の陽気が続いていたが、今日は久々冬模様だった。リヴィングストンの住人は約3cmの雪と共に起きた。そして曇り空。私好みの天気だ!!というわけで、デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に出かけることにした。いつも通り12時半に訪問したが、すると雪が地面から既に溶けつつあり、太陽が頻繁に出ていることに気付いた。また、この日、クリークはロッド16本予約されていたことを知った。しかし、それでも、他の釣り人を避けつつ、自分なりの場所を確保し、それでいて釣っちゃう方法を熟知している。
満足なレインボーだ!
このブラウンは、レインボーと思わせるようなファイトをした!力強く泳ぎ、釣り人に向ってくる!
このブラウンにもオドロキ!この季節にしては、既に夏季のような体型で、これまた満足!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ちょっと早い気もするが、今季(4月・5月前半まで)のアトランティック・サーモン・フライの最終プロジェクトを開始した。これは新しく自らのガイド・サービスを始めたことと、アイダホ州でのデモンストレーション・エクスポによる。

このプロジェクトに関する詳細をここで書くには長すぎる。後に明かすときがあるかもしれない。この今や伝説とされる本によって紹介された、故アル・コーヘン氏による“19世紀からの名も無きフライ”3つだ。
 出てきた順番で3番目のこのパターンは、見かけ一番簡単に見えたが・・・・・・・

今2番目のパターンに取り組んでいる。また大掛かりな額入れにも取り組んでいる。
天気予報と共に、過程をお伝えしますよ!

Tuesday, February 10, 2015

またしても大ニュース!(そしていつもの内容)

新しいホームページ www.leftyanglerandflies.com が順調にクリックされているようだ。

今回はまた今年の冬から春にかけての一大ニュースの発表!4月17日・18日にアイダホ州アイダホ・フォールズにて開かれる、イースト・アイダホ・フライ・タイイング・エクスポ(http://srcexpo.com)にデモンストレーション・タイヤーとして招待を頂いた!!
これは、ユーチューブのビデオを除いては、初の公共の場・公衆の面前でのフライ・タイイングとなる。今からすでに興奮している!
昨年見に行って、これは本当にフライとタイヤー中心のエクスポなんだと思った。
“ワールド・クラス”のタイヤーも訪れる。私のサーモン・フライの師匠もデモ・タイヤーとして来場する!!
もし、釣りや釣り以外の目的でアイダホ州・モンタナ南西部にいらっしゃるなら、ぜひ訪れてみよう。エクスポが近づくにつれ、また新しい情報が入り次第更新する。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
先週はそれにしてもなんという天気だったことか!これでも冬なのか!これまで“平均の冬”と言っていたが、さすがに“暖冬”と言わざるをえなくなった。気温が15℃前後に達した!!ここに住む人々なみんなちょうど一年前は、マイナス28℃だったというのに!!同時に先週金曜土曜は危険なほどものすごく風が強くて、事実上にドアを開けられず外に出られなかった。
日曜になってなんとか落ち着き、デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に出かけられた。しかし、明るい陽気と“この時期特有の傾向”で、トラウトは散乱していたかのようだった。自惚れにならずも、私ですら最初の一匹に出会うのにかなりの時間を要した!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今季、いろいろビジネス面でいそがしく、アトランティック・サーモン・フライへの時間は限られてしまっている。それでもいざ取り組む時間ができると、没頭して完成させる傾向だ!
ザ・バロン(ジョージ・ケルソン)
そして、我ながら、フレーム・額入れが様になってきた!自分の影と背景が反射してしまっているが(フラッシュ無し)、逆に言えば、普通の明るさの状況で、フライはまさしく“浮かんでいる”ように見えるのだ!!
これはウォリアーズ・アンド・クワイエット・ウォーターズに寄付した自らのデザイン。この組織、彼らの活動、そして参加者(帰還兵)を讃えるために。今まで公表してなかったが、先日の会員ニュースレターで取り上げられたので、ここでも発表することにした。
オーダー(フライ2つ)に着手中!!もうひとつだ!

春まで、ぜひ挑戦してみたいサーモン・フライのプロジェクトがある。ガイド・サービスの運営も順調だ。そしてエクスポの準備をしよう!
本当にいそがしく、かつやりがいのある冬から春にかけての季節だ!

Sunday, February 1, 2015

新しいホームページ

先週、正式にモンタナ・アウトフィッター・ライセンスを交付されてから、たくさんビジネス面のことを片付けた。一番大きなプロジェクトは、前回予告したよう、新しいホームページを立ち上げることだった。それでは、こちらをよろしくお願いします!かつ“お気に入り”に追加してください!
www.leftyanglerandflies.com
このブログは従来通り更新し続ける!!新しいホームページを立ち上げた理由は、ビジネス面の情報とこれまでのブログで発信してきた情報を統合するため、また英語と日本語を同時に掲載できる場所が必要となったためだ。
今、自らのガイド・サービス“創業記念”割引を行っている!!
5月31日まで、リヴィングストンのスプリングクリークと私有地牧場内の湖沼へのガイド・トリップは10%割引。春はかなり楽しい釣りなのに、見逃されている季節だ。結果的に地元の釣り人のみ楽しんでしまっている。日本では、春休み、そしてゴールデン・ウイークがあるのだがら、今から計画を組んでみよう!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
室内の仕事が終えたら、次は外での仕事だ。デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)は、強くは無いが骨身に凍みる北風のせいで、やや寒かった。この季節御用達の場所で全く反応がなかった。このちっちゃいブラウンで満足の予感もした!?
しかし、私の秘密の場所、しかも私のみ知りえるテクニックとアプローチで攻めた。
おそらくイエローストーン川からの溯上個体だろう。
満足だ!!
 場所を変えて、もう一匹良型ボウ!!

来るシーズンの予約は順調に始まった!かつてガイドしたクライアントと連絡を取り合うのが楽しい季節でもある。今年は、さらに新しいクライアントとめぐり合えたらと思う。日本からもっと来てほしい!

Monday, January 26, 2015

大ニュース!!!!(そしていつもの内容)

大ニュース!!!!
発表があります!!モンタナ・アウトフィッターのライセンスが交付されました!!つまり、私は今シーズンより、自らのフライフィッシング・ガイド/アウトフィッター会社を運営するということです。
すぐにも真新しくかつエキサイティングなホームページが登場されます(現在工事中)。日本語のページもあります。もちろんこのブログは更新を続けます。
ということで、今から今シーズンの予約と質問を受け付けます。春休みとゴールデン・ウイークにモンタナを訪れてはいかがですか?
今の所上の“2015年ガイド・サービス”をクリックしてください。そしてさらに詳しいことはホームページが立ち上がるまで待っていてください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下はいつも通りの。
今年の冬は、厳冬と暖冬のちょうど中間くらい。絶好の天気の午後にデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)を訪れている。


今年の冬は、ウインター・ランのレインボーの当たりがいい!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今にも使いたいマテリアルが手に入った。ホワイティングシルバー・グレイドのサドル、異なるトーンのダン二色。これらはもちろん、私のメイフライパターンに組み込まれる!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、今年、アトランティック・サーモン・フライに関して、一段上のレベルに踏み入った。正直なところ、去年の今頃と比べ、巻いている数はかなり少ない。その代わり、質・出来栄えがかなり改善されている。先日の“YAMAMOTO Selection”完成後、もっと真剣かつプロフェッショナルなフレイミング・額入れを習うことにした。ということは、額にいれる価値があるであろうフライをドレスしなければならない?
ジョック・スコット(プライス-タナット仕様)。
そして・・・・・・・・・・・・(カメラのフラッシュはどうしようもなかった)
この額の中でフライを“浮かせる”工程は、ウイングを巻くときより緊張・心臓バクバクした!!フライ同様、フレイミング(Framing)についても、いろいろ習うこと・改善すべきことがある!まあ初心者・第一号にしては結構気に入っている!
これで「今年の冬から春はいそがしくなる」と言い続けていた理由が分かってもらえたであろう。今までの釣り・フライ・その他諸々の上に、アウトフィッティングの運営・予約等が加わったのだから!!
日本からモンタナやイエローストーン公園での釣りを目指す釣り人からの連絡をお待ちしてます!!