Thursday, January 12, 2017

ザ・サーモン・フライ

新年明けましておめでとう!!
遅くなってかつ、しばらく間が空いてしまって申し訳ありません・・・・・。いろいろといそがしくブログに取り組むに至らず・・・・・絶好の新年のスタートを切れましたか。初釣りは?こちらでは、それほど・・・・・寒い!そして物凄い降雪量!3年ぶりに本物の冬がやってきた!来る夏には各河川の流れが豊富だろうと今からワクワクしている次第。今から2017年シーズンのモンタナとイエローストーン国立公園へのフライフィッシング釣行を計画すべきでしょう!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
私の隣人でかつ友達が新しいウェブサイトを立ち上げた!
彼は毎冬中国に出かけ、最高質のトンキン竹のみ目利きし厳選して持ち帰ってくるのだ。アメリカだけでなく、日本も含め世界中のバンブー・ロッド・ビルダーは彼のウェブサイトを見るべきだ!実際アメリカ各州からだけでなく、ヨーロッパと日本からも注文を受けていると言っていた。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニュースレターで発表したよう、サーモン・フライに9月から取り組み始めた(たいてい10月にいくつか、そして11月から本格的に没頭する)。フェイスブックでは頻繁に投稿しているが、ここでは発表する機会がなかった。なので、このポストにイッキにまとめてどうぞ!

以下5つは、リヴィングストン文化・芸術センターでのエキシビション(委託販売も兼ねた)のために巻かれた。各々個別に額装された。

ダスティ―・ミラー(ジョージ・ケルソン);これはあまり見ないパターンだ。‟トッピングが左右に内側を外に”取り付けられている。
グリーン・ハイランダー;これは師匠と取り組んだ一番初めのパターンで、とても思い入れがある。何個練習したことか・・・・・・だいぶ遠くまで来たものだ・・・・
イブニング・スター(トラハーン少佐);少佐のパターンはどれもこれも一筋縄ではいかない。

次の2つは、私の意見では、トラハーン少佐のパターンの中でもかなりユニークだと言っていいだろう。たった2つだけのMarried Wingパターンなのだから。さらにはスタイルもプロポーションも共通している!

フラ・ディアボロ;アムハーストのテイルがビビッ!来る!
トラハーンズ・ワンダー;とはいえ、実はこのパターンは、少佐によるものではないと言われもするが・・・・とにかく、これは一番お気に入りの出来となった。ウイングの色の組み合わせ、そして、サマー・ダックをルーフとして取り付けたテクニック。
額装して集合写真!センターの方々と訪問された方々から高い評価を受けた!

自らに課したプロジェクトもこなしている。

プライス-タナット博士のHow To Dress Salmon Flies(1914年)のプレート3と4に取り組むのは、実は二回目だ(あのときは若かったな~~)。各フライの仕上がりと、グループでのフレーム挿入・額装にとても満足している。

プレート3;これらは全てパートリッジ・ラディッチのCS10/3の(上から)3/0、2/0、1/0に巻かれている。

サー・リチャード;ウイングに使われている羽根各種、テイルに届くほど十分長い物も所有しているが、このスタイルで仕上げた。
 ベンチル;好き!
 チルダーズ;いい!

プレート4;
ヘルムスデイル・ドクター;フックはハリソン・バートリート・ディー3/0=とっても長いフックだ!これも今シーズン一番お気に入りのひとつだ!
ゴードン;色鮮やか!
 シルバー・ドクター;これも初期に師匠と取り組んだパターンの一つで思い入れが深い。

そして以下は現在進行中のプロジェクトだ。
何に取り組んでいるか簡単に推理できますな。

ハーレクイン;簡素に見えるようで、実はかなり難解パターン。色鮮やかかつスムースなシルク・ボディー、ゴールデン・フェザント・テイルを含んだウイング、そしてオーヴァル・ティンセルで仕上げたヘッド・・・・・
 シルバー・ドクター;ケルソン氏のパターンはプライス₋タナット博士のに比べ、マテリアルがいくつか少ない。どっちにしろのドクターだ!
サンダー・アンド・ライトニング;これは、年代・筆者・文献によって記述が異なり、たくさんのバリエーションがあるパターンだ。ケルソン氏のレシピに従い、自分のスタイルで仕上げた。シンプルかつエレガント。好き!

フライ・タイイングにも楽しんで取り組む季節を過ごそう!
すぐにも=川に近づけるほど雪が低くなり、川の氷の塊が流れだしたら=釣りに出かけたい!

Thursday, December 29, 2016

アメリカ北東部のフライフィッシング歴史と文化

前回のポストからいろいろいそがしかった・・・・・・・真夜中の飛行機便、大都市、ペキン・ダック、食中毒、牛の人工授精(それぞれ長い話)・・・・・そしてクリスマス・・・・・・

とにもかくにも・・・・・・国のこっち側を訪問していた!!

旅行中でも仕事から離れることができなかったのがやや微笑ましい。
ニューヨーク州のキャッツキル・フライ・フィッシング・センター・アンド・ミューズィアムを訪れた。まず第一に、道中、雄大なデラウェア・リヴァーとその支流はとても興味深く、トラウト・フィッシングしたい!!と思わされた。こちら側の地域と河川は雑誌やオンラインで見たことはあるが、実際にここまで来るとは思ってもみなかった。近い将来今度は釣りのために訪れたい!

そして博物館はとても興味深かった。こちら側のフライフィッシングの歴史と文化を学んだ。アメリカでフライフィッシングが始まった地域、そしてそれに関わってきた人々と道具を如実に讃えている。

アメリカ近現代のフライフィッシングの‟開祖”・‟父”と称えられるセオドア・ゴードン。
ポウル・ジョルゲンセン-実際に会ったことはないが、私のアトランティック・サーモン・フライの先生の一人だ。
リー・ウルフは世界中どこでも讃えられているが、特にこの辺ではその影響が強いようだ。
実に二番目の建物は、リー、ジョアン、彼らの思い出と道具の展示に捧げられている。これはリーが残したキャッチ・アンド・リリース推奨の言葉。


リーが実際に使用したヴェスト。

ジョアンさんはかなりのスポーツ・ウーマンだ。
おぅぅぅぅぅ・・・・・羽根羽根!!!
壁を彩るフライ額とタイヤ―の中には、知っている人も実際に会ったこともある人も見てとれた。
超豪華かつ分かり易いハッチ・チャート!

本当にいつの日か、こちら側へのフライ・フィッシング釣行を敢行したい!
ニューヨークというと、大都市の同義語という感があるが、この辺はモンタナのとある釣りの目的地となんら変わりない。ロスコ(Roscoe)なんて典型的な西部の‟釣りの街”の様相を呈していた。


ニュー・ジャーズィー州のアトランティック・シティーの大西洋岸でちょっと釣りした!?😁
そして海沿いならではのシーフードを満喫した😋!・・・・・いや、し過ぎた・・・😳

少し遅れたけれどもメリー・クリスマス!!
そして謹賀新年2017!!
年の瀬を楽しく過ごしてください!
そして2017年がみんなにとって充実したフライ・フィッシングのシーズンになりますよう!

Saturday, December 10, 2016

バックカントリーの思い出

2016年のフライフィッシング・シーズンは瞬く間に過ぎていった(もちろんあのPKD狂騒曲が多大なる悪影響を及ぼしたのは言うまでもない😡。これは簡単に忘れ去られるべきではない)。そして今一年が終わろうとしている。

ふと思いを巡らすと、また釣り日誌と写真を見返すと、今年はいつになくバックカントリーに出かけたと感じる。これは主にハイキングが大好きなパートナーのおかげ😘無理矢理連れ出されたこともあった😑あるいは、逆に、彼女が弱音を吐くだろうと厳しいトレイルを選んでみた😎・・・・・効果無し・・・・・😏

とにもかくにも・・・・・・
山、渓流あるいは湖沼、そして空気は、確かに体と心に心地良い。
決して秘密の場所に行ったわけではない。また、誰も見なかったなどとも言わない。これらは全て地図に載っている。何人かとすれ違ったこともあったし、その時はあいさつもしたー釣り人・ハイカー・キャンパーーそれでも‟下界の釣り場”と比べ頻度は低かった。釣りが絶好調の日もそこそこのときもあった。幸運にも危険は野生動物との遭遇はなかった。

以下のいくつかの写真はすでにポストされたかもしれない。私のガイドのスケジュールとそれに伴う普段のブログ・アップのせいで載せられなかった写真もある。

次はグレイリング!!





このバッファローは行儀良く私たちの邪魔をしなかった・・・・


やったね!!
コイツは、ーそれともわたしか?ーかなり接近してきた!




これは、運転もハイキングも今年一番荒々しくきつかった😖!
やった~~~~!!
狙っていた魚種に遭遇!!次はもっとデッカイの釣るぞ!

この日は、釣りそのものは語るほどでもなかったが、ハイキングは楽しかった。ここ数年行ってなかったし、滝を歩く際彼女が怖がったから😎

今年出かけたこれらトレイルのいくつかに、近い将来また訪れるつもりだ。しかし、同時にこの辺りには数え切れないほど興味をそそられるトレイル・渓流・山上湖がたくさんある!!ひとつづつ、一歩づつ釣り歩きたいと思う・・・・

楽しい釣り行脚を!