Monday, January 26, 2015

大ニュース!!!!(そしていつもの内容)

大ニュース!!!!
発表があります!!モンタナ・アウトフィッターのライセンスが交付されました!!つまり、私は今シーズンより、自らのフライフィッシング・ガイド/アウトフィッター会社を運営するということです。
すぐにも真新しくかつエキサイティングなホームページが登場されます(現在工事中)。日本語のページもあります。もちろんこのブログは更新を続けます。
ということで、今から今シーズンの予約と質問を受け付けます。春休みとゴールデン・ウイークにモンタナを訪れてはいかがですか?
今の所上の“2015年ガイド・サービス”をクリックしてください。そしてさらに詳しいことはホームページが立ち上がるまで待っていてください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下はいつも通りの。
今年の冬は、厳冬と暖冬のちょうど中間くらい。絶好の天気の午後にデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)を訪れている。


今年の冬は、ウインター・ランのレインボーの当たりがいい!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
今にも使いたいマテリアルが手に入った。ホワイティングシルバー・グレイドのサドル、異なるトーンのダン二色。これらはもちろん、私のメイフライパターンに組み込まれる!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、今年、アトランティック・サーモン・フライに関して、一段上のレベルに踏み入った。正直なところ、去年の今頃と比べ、巻いている数はかなり少ない。その代わり、質・出来栄えがかなり改善されている。先日の“YAMAMOTO Selection”完成後、もっと真剣かつプロフェッショナルなフレイミング・額入れを習うことにした。ということは、額にいれる価値があるであろうフライをドレスしなければならない?
ジョック・スコット(プライス-タナット仕様)。
そして・・・・・・・・・・・・(カメラのフラッシュはどうしようもなかった)
この額の中でフライを“浮かせる”工程は、ウイングを巻くときより緊張・心臓バクバクした!!フライ同様、フレイミング(Framing)についても、いろいろ習うこと・改善すべきことがある!まあ初心者・第一号にしては結構気に入っている!
これで「今年の冬から春はいそがしくなる」と言い続けていた理由が分かってもらえたであろう。今までの釣り・フライ・その他諸々の上に、アウトフィッティングの運営・予約等が加わったのだから!!
日本からモンタナやイエローストーン公園での釣りを目指す釣り人からの連絡をお待ちしてます!!

Sunday, January 18, 2015

引き続き多様な一週間

先週はまたしても、いろいろといそがしく、たくさんの出来事に満ちた日々となった。
すぐに、私のガイドサービスに関する大幅な変更についての公式発表がなされるであろう。こう御期待!
確かなことは、繰り返すが、この冬から春にかけては、今までになくいそがしくなる!!

天気はいろいろ。快適な午後を選んで、デピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に出かけた。楽しんでしまった!




そして、自らに課したプロジェクトを完成させた。ここに最後のプレートを明かそう。右側の3つ:インフォーリアブル、ジョック・スコット、ブラック・ドウズと左下:チャンピオンは数あるパターンの中でも最も困難な部類だ。これらをプロジェクトの最後に残しておいたのだ!!
詳しい裏話とそれぞれのフライの写真は私のギャラリーに掲載(英語のみ)。
  
  
 ブラック・ドウズ
チャンピオン-使われたマテリアルの数とその手順のまさしくチャンピオン!!
プロジェクトを完遂させたうれしさと同時に、終わってしまった悲しみも感じずにはいられない。アトランティック・サーモン・フライにはいつもそう思わされる。次のプロジェクトに移ろう!これもまた、春までに発表したいことのひとつ!!

Sunday, January 11, 2015

釣り・ショウ・プレート

先週は気付いたら慌しく終わっていたようなカンジ。天気は寒い方。それでもなんとか、いい感じの午後を見極めて、今年初の釣りのため、デピュー・スプリング・クリークに向った。

こんちわ!!
 釣り方・場所・ファイト、充分うれしい一尾!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
金曜になって、向かいの知人がコロラド州デンバーのフライ・フィッシング・ショウに行こうかと言うので、着いていくことにした。リヴィングストンからはかなりの運転になるが、土曜のイベントを楽しめるよう到着した。フライ・フィッシング・ショウは、おそらくアメリカでこの手のイベントでは最大級だ。その中でも、デンバーのは大きい方だと聞いた。こんなに大きいフライ・フィッシング・ショウに参加するのは初めて。
たくさんのフライ・タイヤーが自らのパターンとテクニックをデモンストレーションしていた。ブログ等を通じて知り合いの“ホッパー・フアン”に対面した。いいヤツだ!!
本当にたくさん・様々なブースがあって、楽しかった。その中で一番私が魅かれたは、古典的かつ歴史を物語るバンブー・ロッド。アトランティック・サーモンに使われたロッドには本当に歴史を感じる!!
 雑誌やインターネットで活躍している筆者・釣り人・タイヤーを何人か見かけた。その中でも、遂にゲイリー・ボーガー博士本人面会できた!!ボーガー氏はフライフィッシングにおける真の教育者だ。キャスティングのクリニックだったが、なんとわかりやすくかつ理論的に説明することか!!真剣に聞き入って、ノートをとった。これらは釣り人をガイドする際にもかなり役に立つ!!
 続いては、現代の“スペイ・マスター”サイモン・ガウェスワースによるスペイ・キャスティングのクリニック。今詳細は話せないけど、スペイに傾倒しつつある今日この頃!近未来のためと、これまた真剣に見入って、聞き入って、ノートをとった。

総括的に、本当にいろいろ楽しく、習うことのできた機会をなった。このショウに行かなければ、決して見ることも、買うこともなかったであろうアイテムも購入できた。いずれ紹介したいと思う。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
そして、自らのコレクションの第三段(通算二枚目)のプレート完成させた。
 今現在のベスト。
 このプレートは、今シーズン仕上がっているベストのやや寄せ集め的になっている。しかし、それでも、フライひとつひとつに思い入れがある。MAJORこそ、このプロジェクトを始める決意を促して、最初に収納されたフライだったのを覚えているだろうか?
今年の冬から春にかけては、かなりいそがしくなる。ひとつひとつこなしていくことになるだろう・・・・・。

Friday, January 2, 2015

2015年明けましておめでとう

新年明けましておめでとう!
今年も素晴らしい釣りの一年になりますよう。と言っても今年まだ釣りに出かけていない。実は前回のポスト以来出かけてない。ずっと寒かった。無理矢理釣りに出かけて、凍ってしまうガイドに悪戦苦闘するより、もっとコンディションのいい日に出かけた方が、いいレポートができる。

また、先日公開した自らのプロジェクトに集中して取り組んでいる。
予定している全体の3分の1が完成した。これで私が何を意図していたのかわかってもらえるだろう。
  
  
「フライの向きが逆じゃないか!?」と思う人もいるだろう。そう私はレフティーだ。“鏡の反射”と思ってもらえればいい!?
フライそれぞれの写真はギャラリーで見られる。

フライの数に関しては、それほどたくさんではない。でもその内の何個かは物凄く複雑かつ挑戦意欲を掻き立てられるパターンだ。なのでいつ完成するかわからないし。時間を設定するつもりもない。自分が納得がいくフライでもって完成したらまた発表しよう。

これらいくつかのフライのよう、今年はいそがしく、集中を要し、挑戦的な一年になるであろう。

それでは今年もよろしくお願いします!

Monday, December 22, 2014

メリー・クリスマス & 祝!!!!400ポスト!!!!

英語版ブログから一年半遅れで始まったけど400ポストに達した!!!!
これからもよろしく御愛読のほどを!!

マスター・ブリーダーの仕事から戻って、普段の生活に戻った。つまり釣りとフライ。

今年の冬は今の所、私見では、寒暖ちょうど半々。ここリヴィングストンでは、本当に寒い日には、釣りはおろか外出さえ危険になりえる。かといって、暖かいなあ~~と思うと、空気の旋回・入れ替わりが活発になり、いつもの南西の風が吹きすさぶことになる。普通に寒い日がちょうどいい・・・・・・と言っていいと思う・・・・・・・。
とにもかくにもデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に戻ってうれしかった。これは実に初めのキャストで来た!!私の秘密かつ御用達のポイントであるが・・・・
今年の冬はレインボーが既に活発だ!!
大きさに関わらず、ブラウンは産卵期から回復した模様で、かなりのファイトをしてくる!!
そして、クリークには未だに大物がたくさんいる!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
特に書かなかったけれど、数週間前一番信頼してきたECHO(http://www.echoflyfishing.com/)の6番ロッドがくたびれたようだった。私の激しい釣行に4季も遣えてくれたのだから。本社に送ったら、なんと全くの新品を送り返してくれた!!
(もちろんハンドルのプラスチックのラップは外したよ!どんな状態で送ってもらえたかを見せるために。)

新品のロッドでの初日にて、最初のトラウトが素晴らしければいいのにな・・・・・・・・釣り人なら誰しもそう思うだろう。そんなことが起こるかもと最も信頼できる場所に歩いた。そして、これまで見てきた中でも、トップクラスに入るであろう、輝かしいレインボーを視認した。
本当にこうなるとは信じられなかった。真新しいロッドでの最初のトラウトって本当に意義があるものね・・・・・・・・・
というわけで年賀状。

アクションは続いた。このロッドはこれからたくさんの鮮やかかつ思い出に残るであろうトラウトを私に提供してくれると確信した。


クリークを歩いているときのいつもの光景のひとこまだが・・・・・・・クリークを共有する全ての生き物にメリー・クリスマス!!

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
自らのアトランティック・サーモン・フライのプロジェクトは順調に進んでいる!!
ジョージ・モーティマー・ケルソンによるブラック・レインジャー。
  
ジョージ・モーティマー・ケルソンによるブリタニア。
ウイングに使われた羽根は普通に生存する鴨の一種からだが(絶滅危惧種とかじゃなくて)、入手が難しい・・・・・・
それでは皆さんが、メリー・クリスマスと良い正月を迎えますことを心から願っております!!

Thursday, December 11, 2014

アトランティック・サーモン・フライ-新しいプロジェクト

マスター・ブリーダーの仕事に出かける前に、ちょうどいいカンジのポストをすることになった。

まず、ジョージ・ケルソンによるメイジャー(Major=少佐)。
  
これら、テクニックの追求とディスプレイを目的にまかれたフライをどうすればいいのか考えるようになった。昨年、この主題を深くかつ真剣に追求するようになってから、これらフライの目的・運命はどうなるのであろうか、我ながら不思議かつ奇妙に思っていた。
今年に至って、自らの厳しい眼と批評の基、かなりの進歩が見て取れる。これらが売れるかどうか・・・そんなことは関係ない!!しかし、これらは、これから永遠に続くであろう、私のサーモン・フライの追及の最初の過程として、何かしら意義があるはずだ。いくつか、飾り付けるアイデアがあったが、これからドレスするフライはこのために!!、と決めた!!
このボックスは何か?どうやって手に入れたのか?については長くなる・・・・・・。とにもかくにも、巻くべきフライ・目的・飾りつけを決めた。完成するまでどれくらいかかるかわからないし、期限を設定するつもりもない。アトランティック・サーモン・フライは決して終わることのない情熱だからだ。今の所、上記のメイジャーを3ページ内の1ページに貼り付けた。
来春までにかんせいできるのか、できないのか?全く気にしてない・・・・。コレクションと呼ぶには、小規模だから、ヤマモト・セレクションとしておこう!!

新年の目標と言うには早過ぎるし、そんなつもりもないが、これから目的を持っていそがしくなる!!

Sunday, December 7, 2014

暖かい12月の第一週

なんて心地良い週だったことか!先週末の大吹雪から、天気が回復して、秋のような陽気だ!それでいて風はそれほど強く無いし、太陽が照りまくってカラカラ乾燥しているわけでもない。
というわけでデピュー・スプリング・クリーク(www.depuyspringcreek.com)に常時出勤だ!

先週末と今週初め、クリークはあまり釣られていなかったと思う。トラウトは空腹かつ積極的に見えた!以下は私の典型的なトロフィー・ショットだが、それにしても絶好調な12月の午後だった。
  
こいつには驚かされた!
ハンサムだ!
 そして・・・・・・
締めはまたしても潜水艦ブラウン!!
これはそれほど大きくはなかったが、用いた釣り方と場所的にうれしかった!!
 ゴールデン!
サイトでエッグのレインボー!
普通の帽子に戻っている!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以下は釣り人にとってもやや気持ち悪いかもしれない・・・・・・・御注意を!
痩せ型の35cmくらいのブラウンをストメック・ポンプしたら・・・・・・水面下では常に生き残りの戦いが起こっているのだろう。

 これまでリーチ(ヒル)の写真を撮ってなかった。とあるブラウンを釣り上げたら、ウネウネ・クネクネしているのが吸い付いていた。なのでヴェストに携帯のピンセットとつまんでやった。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アトランティック・サーモン・フライのプロジェクトは絶好調だ。ブラック・ドクター(プライス-タナット)。
これからももっとポストしていくぞ!

来週はマスター・ブリーダーでいそがしい。おそらく来週末はここのアップはできないだろう。今日までにたくさんタイイング・ビデオを収録したので、ユーチューブのチャンネルは更新しようと思う。といえば、サブスクライバー100人までカウントダウンだ!!ぜひ参加してください!!