Saturday, July 22, 2017

イエローストーン国立公園夜明け前の旅人達:2017年編

今年もこの時期がやってきた。イエローストーン国立公園内のイエローストーン川“イエローストーン・レイク下流から滝の上流までの区間”が毎年7月15日に解禁となる。ガイド・スケジュールの合間を見つけては毎年この区間に出かけるようにしている。北アメリカの真のネイティヴ種、イエローストーン・カットスロートに出会い、この伝説的な区間の歴史と未来への財産を感じたいからだ。また、この区間こそ、“夜明け前の旅人”企画を毎年敢行するようになった理由と目的のひとつだ。加えて、今年より、私とどこにでも釣りに出かける愛しきパートナーが伴うので、“旅人達”と複数形になった😘。

とはいえ、人生何事そうであるよう、時に物事は思い通り・期待通りに行かないことがある😐。7月17日、私達はがんばって期待できる場所・区間を釣ったがどうにも当たりがない。ライズ・ハッチの群れにも出くわしたが、どうも私達に都合が悪かった。

特にレポートすることもないが、この区間の水生昆虫のハッチは物凄いの一言だ。異なる種がそれぞれ物凄い数で飛来・落下しているのは圧巻だ。
これは大型メイフライ、グリーン・ドレイク
加えて、ほぼ同時に、私の釣り道具が消耗を見せ始めた😔 。ウェーダー、ロッド、リール・・・・・。リールに関しては、これらの擦れ傷は、これまでたくさんの大物を巻き取ってきた誇るべき傷跡だ(86㎝・12㎏のキング・サーモンまで)。しかし、残念ながらラインを傷つけてしまう。リタイアさせ、壁に飾られることとなるだろう。

私達はこの不毛な日を見つめ直し、分析し(決して楽しいこと作業ではない)、どうのように改善できるかと話し合った。三日後、7月20日、また出かけた。このときは、私の脳は正常に機能し、“魚のように考える”ことを実践できた。また作戦もあった。ニンフとストリーマーで探りもしたが、私達はドライフライでのマッチ・ザ・ハッチに集中していた。忍耐強く待った。この区間・この季節のカットスロートは、はるか下流のトラウト達(レインボー・ブラウン・カットスロート)と全く異なる行動・生態を取るほんの短い時間帯だけ、彼らに近付けるチャンスが訪れる(どんな釣り方を実践しようと)。そして、彼らの行動・態度(あるいは私達が用いるべき作戦)は毎年変化しえる。この日私達は正解を導き出した。水生昆虫のハッチが徐々に多くなっていったので、レネーのロッドにドライフライをセットした。私達が準備できたと同時に、彼らも行動を開始した。私達の目の前でライズが始まった😲。レネーの第一キャストに、静かながら大きな頭が浮かんできて、16番カディス・ドライフライをくわえた。
彼女は慎重に寄せ、私も慎重にネットした。

写真撮影も慎重に。
彼女の個人記録更新の55㎝だ😲🎉🎊😎😂 

水生昆虫のハッチはやはり圧巻だった。一度にグリーン・ドレイクのスピナー(右)とレッド・クイル(だと思うが)を同時にすくった。

ところで、私は35㎝くらいのカットスロート二尾をカディスのドライフライで釣り上げた😅。
そして、もういくつかでっっっっっっっっっかいライズを見かけたが、仕留められなかった。さらに、天候が雷と時折土砂降りになったので(こうなるとハッチもライズもあまり期待しない)、移動した。

今年の高水位がカットスロートの行動に影響を与え、私たちの謎々にも関与しているのだと推測している(昨年は、歴史的低水位だったが・・・)。
川を観察し、川から学び、またつまらない経験を糧にし、そこから成長できた。
まさしくフライフィッシングの授業そのものだ

この区間、イエローストーン・カットスロート、そしてレイクトラウトについては、過去20年熱い議論の的となっている。時折政治的にもなりえる。人間が何を言おうと、何をしようと、カットスロートは生き続ける。そしてこの区間を訪れ、フライフィッシングに取り組むのは釣り人として本当に特別なことだ。ぜひ訪れ、北アメリカ真のネイティブに出会えるよう挑戦してみよう

Monday, July 10, 2017

サーモンフライとイエローストーン国立公園

リヴィングストンのスプリング・クリークのペイル・モーニング・ダンのハッチ同様、マディソン川のサーモンフライ(カワゲラ)のハッチも超自然現象的だった。今これを書いている時点では、ハッチは最上流に達し、終わりかけているだろうか。それでもすぐにゴールデンストーン、真夜中ストーン、カディス、各種メイフライのハッチが続く❗❗

私のガイド・スケジュールの合間に、私達は最高のタイミングでマディソンにボートを出した。ハッチはピークに達していた。

ニンフの殻を破って・・・・・
レネーの大きいドライフライに水しぶきを上げてライズしてきた元気なレインボー😁

しかしまた、こいつらも重要になっている。実際何度もこれらのイミテーションにライズがあった。
おっきくてカワイイ😘
これがゴールデンストーン、これもカワイイ😘
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
イエローストーン国立公園の各河川は移行期を終えた。間欠泉の影響を受ける西側の河川=マディソン、ギボン、ファイアーホール=は水温が高くなり、これらの川には9月末に戻ることになるだろう。

冷たく流れ、小さく元気なブルックトラウトがたくさんいる沢で、ビギナー・トリップ。

そして、イエローストーン国立公園北東部、ネイティヴ・カットスロートが生息する河川のコンディションが整った!!
見てくる・上がってくる😏
楽しくかつ充実したトリップが続いている。
この上級アングラーはとにかく釣りまくった😲

家族トリップも一日中楽しかった。まずお母さんが男性陣をリードした🙆
息子さんが続く
 やったー😁😂


しかし最後には父親の経験が物を言った。家族のみんなのフライを巻いたのだから当然だ!!
日本のモンカゲ・ドライに出た😲 (フライの三大原則=色・サイズ・形=がマッチしていたから、絶対効くと確信していた😏)

しかしそれだけで終わらなかった。日が褪せようとする時間帯最後のキャスト・・・・・・穏やかでいて確かなライズ、大きな頭が見えた・・・・・・
 体長はもちろんだが、体高=胴回りに注目😲

シーズンは熱くなり始めた💥🔥
モンタナ州とイエローストーン国立公園で会いましょう🙌

Saturday, July 8, 2017

スプリング・クリークのペイル・モーニング・ダンのハッチ

ガイドの連続から、ようやくこのブログに追いつく時間ができた。
リヴィングストンのスプリング・クリークのペイル・モーニング・ダンのハッチは例年以上に好調だ😁😎❗❗❗❗以下のレポートは6月末のものだが、今年は7月に入ってもハッチは継続している。なので、あまり遅くはないと思う!

この季節は間違いなく、フライフィッシングの最高潮、フライフィッシャーにとっての夢と天国である。毎年のリピーター・クライアントのおかげで、私もこのサークルに加わっている。

6月27日、28日、29日とデピュー・スプリング・クリークで釣った。この三日間のキーワードは⛆⛈😬。たいていこの時期、5月・6月の梅雨が終わり、快晴で、軽いそよ風と30℃前後の気温を期待できる。この予想外の嵐は、私達の‟通常”を、いい意味で予想外に展開させた。
27日、午前中そこそこのアクションだったが、本格的なハッチは12時半に始まり、しばらく続いた。トラウトはそれに伴ってライズを繰り返した。

そして突然の陽射し・・・・・
そんな中仕留めたのはこの釣行最大クラスのカットボー!!

28日に経験したことはフライフィッシングにおいて超常現象的で、決して忘れることはないだろう。この日は、前日同様曇り空だったが、雷は近づき気味でかつ、雨がより降った。午前中雨の合間にアクションがあった。ランチの後区間を変えようと移動していると、これまで見たこともないほどのハッチと、ライズを繰り返す無数のトラウトに出くわした😲😎
 キャスティングを繰り返した!!・・・・・雷が近づき危険を感じ始めたまで・・・・・デピューの小屋に避難した。一番近づいて、一番轟音だったのは、イエローストーン川かその小島にでも落ちたのではないか😵😨😱

そして再び、嵐の後、物凄いハッチとライズを釣りまくった。

29日はやや穏やか。それでもやはり雨、曇り空、晴れのミックス。
 ストメック・ポンプの結果に驚愕😲。昨日の大雨で岸際の土壌が崩れ、トラウトは喜んで活用したのだろう😏。
ハッチとライズは、やはり予想以上に長く続き、いつもの私のランチ・スケジュールも変わった🍔🌽。私のクライアントはライズに囲まれながら釣り続けた。そして、これまた今回の釣行最大級のトラウトを見事釣り上げた😁
スピナーの落下が続き、トラウトはまたライズを繰り返し、私達も釣り続けた。
その後ミッジのハッチでのライズも楽しんだ。


30日アームストロング・スプリング・クリークにて、ついに‟通常”のコンディションとなった。PMDは午前10時くらいからハッチし、午後2時くらいまで続いた。
父と子のダブル・ヒット😉😉



いつもと違う状況を楽しんだが、やはり快晴・大きな青空・はっきり見える雄大な山々もいい!!

またしても、なんとも素晴らしい日々であった🎊

私自身のクライアント以外に、この季節の常連釣り人とも顔見知りになり、あいさつ・会話をするのも恒例になっている。

また来年会いましょう😃

Monday, June 26, 2017

Pteronarcys californica (Giant Salmonfly=サーモンフライ・でっかいカワゲラ)

いろいろと動き出している時期だ。地域には雪代の水位と濁りが治まりつつある河川もあれば、未だに雪代の影響を見せている河川もある。急激な夏の暑さ・日照りにも見舞われず絶好の天気の連続だ。

釣りが好調な河川湖沼に向かいたいのはやまやまだが、スカウトにも出かけねばならない。イエローストーン国立公園の河川、特にイエローストーン川流域には、常に目を向けてなければならない。

なんで馬が・・・・・・?公園のレンジャー達が何かやってたみたい。
今はイエローストーン・カットスロートの産卵期だ。これらの河川の釣り規則・開幕日・禁漁区はよ~~~く知っておくこと!!
まあ、なんとかいい終わり方だった😅
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
それでは、お題に。
サーモンフライ=でっかいカワゲラ(体長5~6cm)がマディソン川でハッチしている!!
これは、地元の釣り人にとっても訪問アングラーにとっても、一年にたった一度の一大イベントと言って過言ではないだろう。予測が難しいことと毎年のバラツキが期待と興奮に拍車をかける。

ハッチは最下流の街・エニスから始まり、上流に進行していく。もちろんサーモンフライのドライフライへのアクションを期待していたが、まずレネーにこの巨大それでいて繊細な昆虫を見せたかった。絶好のタイミングだった!

新しい帽子に😘
釣りに関しては、大型のトラウトが私たちの大型ドライフライにライズしてくるのを目撃した!!・・・・・・そして逃した・・・・・・😖
ポケットサイズをゲット😅
 本物サーモンフライでもお前の口じゃ飲み込めないだろ、ってカンジ・・・・・
ハッチは一日づつ上流に向かっていくだろう。いつまで続くか、どれほどの数かはわからない・・・・・終わってからでないと・・・・。繰り返すが、これは一年に一度だけ夢中になる価値のあるハッチだ。今年見逃したなら、今から来年の計画を立てよう!!

といえば、リヴィングストンのスプリング・クリークでのPMDのハッチは今年も絶好調だ!!
こうご期待!!

Monday, June 12, 2017

ペイル・モーニング・ダンの季節

一週間前、6月5日・6日にイエローストーン川の雪代がピークを迎えた。30,000cfsにも達した(キュービック・フィート・パー・セコンド。1cfsとは一秒あたりバスケットボール1個が流れると感覚といえば、想像できるかもしれない)。デピュー・スプリング・クリークが流れ出す水管は瞬間的に覆われた😲。これは記録上、最高値のひとつである。今年の夏は安定した冷たい水量とそれに伴う絶好の釣りを期待したい😁!そして昨年の悪夢は既に流れさっている😬!!

私が大好きで一番いそがしい時期のひとつ、リヴィングストンのスプリング・クリークでのペイル・モーニング・ダン(Pale Morning Dun = PMD)のハッチの季節が一週間後に訪れようとしている。

新しいドライフライ・エマージャー・パターンを開発した。
これはカーヴ・フック・ヴァージョン。
オリジナルのストレート・フック・ヴァージョン。
魚目線😏
私の想像と創造はややワイルドに・・・・・・😅
これこそ、私にとってのアトランティック・サーモン・フライ・ヴァージョンのPMDだ。

PMDと同時にサーモンフライ(カワゲラのこと。上記の‟サーモン・フライ”と混同しないように!)のハッチも近づいている。釣り・ガイド・スカウトしつつフィッシング・レポートを更新していきます!!