Saturday, August 16, 2014

真夏のスプリング・クリーク

いそがしかったり、そうでなかったりの繰り返し・・・・・一番大切なことは楽しい!!ガイド、自分の釣り、あるいは完全な休み、家でフライ巻き・・・・・・川にボートを出したり、スプリング・クリーク、あるいはイエローストーン公園の各河川・・・・・・プラス、イエローストーン川では濁流が起こる。予測可能なときもあれば、完全に不意をとられるときもある。この濁流は、イエローストーン川への各支流の山岳部・源流部で起こる嵐・雷雨によって起されるものだ。


リヴィングストンの三大スプリング・クリークは今夏超人気だ!!クリークはもちろん川の氾濫・濁流の影響を受けない。当日にロッドを予約できるかどうかはわからないが、リヴィングストンを訪れる釣り人は、クリークをオプションとして考慮しておくべきだ。
というわけで、フライ・ショップのウェブサイトのような、簡素なフィッシング・レポート。水生昆虫の英名がわからなかったら質問してください!

初めに2つ
今夏の天気はもう最高!!(これは地域の他の河川にもあてはまる)
たくさんのトラウトが、特にイエローストーン・カットスロートが、まだまだたくさんクリーク水系に居着いている。

朝、風がほとんどないときは、局地的にミッジのハッチが起こり、トラウトは静かにライズする。そうでなかったら、トラウトを見つけ、彼らの行動と態度を観察し、サイト・ニンフに挑戦しよう。これはかなり高等技術だ。私が好む水面下のパターンは、各種メイフライのニンフ、ミッジ・ラーヴァ、カディス・ラーヴァ、スカッド(淡水エビ)、ソウバグ(ワラジムシ)など。

前日・前夜の状況によっては、ペイル・モーニング・ダン(PMD)とベイティスのスピナーが落下する。

PMDのハッチは未だに健在で、トラウトの大好物ランチタイム!!ハッチは10時半から1時半ほどまで続く。11時から1時くらいに凝縮している。なので、自らのランチタイムをそれに合わせて設定しよう。16番と18番両方、ほぼ均等に見かける。

午後はテレストリアルの時間だ!クリークでのテレストリアルの釣りは、大河川でそうするのと同じくらいエキサイティング!!ハッチの間の釣りと違って、場所・区間をくまなく網羅するようにしよう。キャストしては2,3歩進む。草が覆いかぶさっている岸際や、動きのある場所を狙う。バッタやコオロギのパターンは、大河川で使うのと比べやや小さめ12番・14番がお薦め。アリと甲虫も大切かつ効果的。12番から20番まで持ち合わせるようにしよう。

カディスもハッチし、トラウトはライズするが、ほとんどの釣り人は気付いていない模様・・・

早晩(6時前後)に、サルファー・メイフライが見かけられる。場所とハッチの強度は日によりけりだ。ハッチとライズを見つけねばならない。

天気と日中に何がどう起こったかによるが、夕暮れが近づくにつれ、PMDのスピナーの落下が期待される。それでいてダンがハッチしている!なんてこともある!!目配り・気配りで観察をおこたるべからず!!

また、夕方のミッジのハッチとそれに伴うライズにも頭に入れておこう!!

フライ・パターンと現場からのレポートは、バズのスプリング・クリーク・スペシャリスツ(www.springcreekspecialists.com)をチェックしよう!
そして、私のオリジナル・フライも健在かつ効果的!
http://leftytyer.blogspot.com

暦の上では晩夏・残暑かもしれないけで、熱いシーズンはまだまだ続く!!

Sunday, August 10, 2014

ドライ・フライ・ガイド(+時々何か水面下)

8月になってから慌しくなった。今年の夏は、本当に気持ちよい夏。各河川の流れも冷たく、平年より高めのままだ。唯一熱いのは、釣り!!

モンタナ・トラウトフィッターズ(http://montanatroutfitters.com)からフロート・トリップをたくさんこなした。釣果良好!!もちろんドライフライでガイドする!!-イエローストーン川
それでも、状況によっては、水面下を狙う・・・・・
そんな時は・・・・・
こんなこともしばしば・・・・・
シャツのトラウトと手の中のトラウトの対照がなんかいい。

お誕生日おめでとう!!(8月6日)明け方ボートのトレイラーにバックしたら、ちょっと行き過ぎたようだ・・・・・
誕生日ブラウン!!―マディソン川
 フィッシュ・オン!!
最高の誕生日プレゼント
 =大きなトラウトと楽しんでいるクライアント!!
若きフィッシャーマンが、根がかりしたとか言い出したが・・・・・
ある意味根がかりだったかも・・・・ 最高級のマディソン・レインボー!!
午後のホッパー(バッタ)の釣りは最高潮!!
というわけで“今回ポストの当たりフライ”=ゴールデン・チャビー。
このシンプルかつ明るくかつ何の造作も無いアトラクターが今夏大当たりだ。トラウトはこのフライを、ホッパーやノクターナル(真夜中)・ストーンフライとして積極果敢にアタックしてくる。

このモンタナ南西部最高の夏を自分で確かめ・感じに来てはどうでしょう!!

Thursday, July 31, 2014

イエローストーン公園夜明け前の旅人パート3 - (今年おそらくまだ)誰も踏み入ってない場所へ

このポストに関しては、私は厳密には“夜明け前の旅人”ではなかったかもしれない。ガイドにいそがしく、さすがにやや疲労を感じ、前回・前々回に比べやや遅め=早朝の朝日の下=に公園内を運転していたからだ。これら“夜明け前の旅人”釣行は、イエローストーン公園内の最高・絶好の釣り場を、自分の釣り・冒険・ガイドの範囲の拡張のために、最大限に味わえるように計画してきたものだ。いくつか、まだリストにあるが、主要な目的地はこれで完了!!

私のことを獲物としてではなく、私の守り神として見守っていてくれていたのだと思う・・・・!?
降りるのには、スキーかソリが必要だろうか・・・・・・・・
午前中ドライフライへのアクションは皆無。ややがっかりしたが、これは別のフライや方法を試すのに絶好の機会だと考えた。
 フムフム、常に習うことがある。
突然レインボー?

 効果的な水面下のフライパターン。
ドラウンド・ソフト・ハックル・ホッパー

そして、ホーム・インヴェイダー(黒)そうなんです!!カットスロートは、ドライフライをライズで捕るのと同じくらい、これも大好き!!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
午後になって、ドライフライに当たりが出てきた。使用パターンは過去最近のと同じ。


繰り返すが、“夜明け前の旅人”の最重要目的地は達成した!!今夏(来年?)またひとつ・ふたつ繰り出すかもしれないが、それはむしろ、釣りや、バックカントリーの景色を楽しむためになるだろう。
それではまた!!

YDFF(イエローストーン・ドライ・フライ・フロート)

イエローストーン川でのボートからの釣りは、上々のスタートで、そのまま最高潮のままだ!!
とにかく水・流れの状態が良好。自分の好みの釣り方で楽しめる。しかし、選択肢を与えられたなら、自分で釣るにも、ガイドするにも、ドライフライだ!!
先日、自分でボートを出した。大きな川での小さなメイフライ!
フライ(毛鉤)をフライ(ハエ)と呼ぶ理由!?
また、キャッチ・アンド・リリースを推奨する理由!?
 フムフム、習ってます。

注意深く、岸際の構造と川のムードを観察して、いざフライを落としたら、大きくも静かなライズが、大きなチャビーを飲み込んだ!!
やったーーー!!
最後のリッフル・コーナーで典型的なレインボー!!ハッピー・エンドだ!!
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ペンシルヴァニアからのジェントルマン2人をガイドした。午前中、ほぼ休むことなく、ドライフライでアクションが続いた!!

どちらもこの区間における立派なトラウトをゲットした!!

イエローストーン川の流れを読めるようになって、常にトラウトを釣り上げることができるなら、世界中を旅して、いつでもどこでも優秀な釣り人に成れる。」ドン・ウィリアムス、1976年

Tuesday, July 29, 2014

もっとカットスロート・ガイド

先週、私が愛して止まないイエローストーン・カットスロートと彼らが棲む美しい場所を共有できた。
午前中は、ソーダ・ビュート・クリークにて。



ランチの後は、ラマー川に移動した。ソーダ・ビュートからラマーまで、やや混雑気味・・・・・(週末の人だかりってカンジ)。それでも、充分な区間を無事確保し、さらには、グリーン・ドレイク・メイフライのハッチの場所と時間にピッタリ合わせた!!
フムフム!!
川の向こう側でさらに大きなアクションが!!
これは、私がガイドしたクライアントが釣り上げた中でも最高の一尾。
いつものお別れ。
何に向ってキャスティング!?

最近のポストで紹介してあるフライ・パターンが有効!!

Thursday, July 24, 2014

イエローストーン公園夜明け前の旅人パート2 - スーパー・ネイティブ・カットスロートを求めて

昨日、またしても夜明けのはるか前に車を走らせ、イエローストーン公園内の山道に辿り着いた。ここはよく知られたトレイル・釣り場だから詳細は必要ないであろう。

朝一番での“心臓破りの坂”によって、気分が変わりそうになった・・・・・
・・・・・・辿り着いた・・・・・・・・・
ここが目的ではなかった。しかし、ちょっと遊んじゃっても悪くはない。朝一番で大きいドライフライにユラユラ上がってくるカットスロートに出会えて、苦労が報われた!!
 さらに歩みを進め、目的地に辿り着いた。
文献によると、ここにはある独特な遺伝系列の流れのイエローストーン・カットスロートが存在するという・・・・・・試行錯誤とヤブコギの末、ついにやった!!
ハッピーな釣り人!!
専門的には説明できないが、一目に、この水域のカットは両方のエラにほぼ相対的に黒い斑点がホクロのようにある。
 午後はまた沢にもどってカットスロート狂想曲!!
自作のテレストリアルが効果的だった!!

フムフム・・・・・
最後の一尾!!ハッピー・エンド!!

これらが昨日の当たりフライ。
ビートアント
コンボ・アント

あ~~~スゴク楽しかった!!・・・・・・・・しかしこれには続きが・・・・・・・たくさん歩いて釣りまくった後、夕方には車に戻らねば・・・・・・・遠くに行けば行くほど、帰りの道のりが長くなり、体に応えるわけで・・・・・・・体がきしんでいるが、明日はまたガイドだ!!