Thursday, February 8, 2018

ザ・ウィルソン論

これは、このブログで初めてアトランティック・サーモン・フライのみに、かつ細部に踏み込んだポストである。とあるパターンを通じての私のモガキをぜひ紹介したい。そうすることによって、フライ・ドレッサーの頭の中で何が起こっているのか、そしてなぜこの主題に惹きつけられ、その後の一生取り組むことになるのかの説明になるかもしれない。

ここ数年冬から春にかけてポストしてきたよう、ジョージ・ケルソンによる壮大な本ザ・サーモン・フライのイラスト・ページのフライとそれらの額装に取り組んでいる。プレート1は2015年秋に完成された。完成されたプレート2とその6つのフライは、ふたつ下のポストに発表されている。プレート3も完成された。まだここにポストしていないが、オンライン・カタログに発表されている。またフェイスブックやインスタグラムでも逐一発表している。

プレート3の6つのフライは曲者ばかりだ。一般的に言って素直というか、分かりやすいのはダーハム・レインジャーとベンチルくらいだろう。残りの4つは、テクニックと翻訳を要する。ウィルソンは一見簡単そうに見えるが、私にとってはかなりの挑戦・モガキを提供された。なぜ?どうして?まずはレシピから見てみよう。

タグ:シルバー・ツイストとクリーム・シルク
テイル:サマー・ダック
バット:ブラック・ハール
ボディ:シルバー・ティンセル
リブ:ゴールド・ティンセル(オーバル)
スロート:ギニーとブラック・ヘロン
ウイング:エジプシャン・グース、リトル・バスタード(クリーム)、シルバー・スペックルド・ターキー、グレイ・マラード、トッピング
チーク:インディアン・クロウとチャッタラー

まずは順調に進む。最初のハードルはヘロンだ。ヘロンの羽はアメリカで入手・所有するのは困難だ。ほとんどのドレッサーは何か代用羽根を使う。私はターキーのマラブーを黒に染めて代用した。マラブーはしばしば同じく入手・所有が困難なイーグルの羽の代用でもあるが。完璧な代用ではないかもしれないが、結果・見映えに満足している。

次こそこのフライのレシピを読み解くのに最難関の課題だ。ウイングとそのマテリアル。ターキーとバスタードはある。これらはメアリッド・ウイングを構成する際とても結合させやすい。エジプシャン・グースはアメリカ国内で購入可能のようだ。しかしどの部分の羽根か?エッセンシャル・ケルソンのマーヴィン・ノルティ氏の脚注によれば、「ケルソンはエジプシャン・グースのどの羽根が好ましいか言及していない。翼と尻尾部分の羽根は特に目を惹かれないが、腹部の羽根は確かに目を惹かれる。腹部の羽根全体をホール・フェザーとしてアンダー・ウイングに使っている可能性も考えられる」。イラストも‟そう見えなくもない”。エジプシャン・グースの腹部の羽根は、ピンテイル、ティール、ギャドウォルなどと酷似している。なので大き目のピンテイル二枚をペアとしてアンダー・ウイングとして使うことにした(メアリッド・ウイングの下に収まるよう加工したが)。グレイ・マラードについては、トラウトのストリーマーやニンフのテイルに使うマラードの腹部の羽根を使うことにした。

まずピンテイルのアンダー・ウイングを巻き留めた(ここですでに苦闘)。次に他の羽根を結合させることにした。いつものように‟24のルール”を適用した。これはメアリッド・ウイングに使う羽根の羽肢の本数の合計を24(プラス1本・2本くらいの例外も含める)にすると厚からず薄からずちょうどいい厚みのメアリッド・ウイングができるということ。ターキーとバスタードから8本づつ。グレイ・マラードは本数でなく他と同じくらいの幅に羽茎を残したまま切り取った。ここで大きな‟しかし”が発生。グレイ・マラードはピンテイル(あるいはエジプシャン・グースでも)と似ていて溶け込んでしまい映えない。ターキーとバスタードの上にでも結合させない限り。しかし、そんな長い・大きな羽根は存在しない。ターキーとバスタードと共に交互・繰り返しの複雑なデザインは考慮しなかった、というのは、結合させるのも、いざ巻くのもほぼ不可能だからだ。なので、ブロンズ・マラード(グレーと比べかなり黒め)を代用することにした。これはピンテイルのアンダー・ウイングによく映える。何かしらダック(鴨各種)の羽根が組み入れられているウイングはうまく取り付けるのが難しい。しかし経験と練習でできるようになる。
残りを取り付け、仕上げたのがこれだ。

受け入れられるレヴェルにけっこういいと思った。しかし、どうにも納得いかないようなイガイガしたような気持が残っていた・・・・・・うまくできたはず・・・・みたいな。どうにかグレイ・マラードを使う方法があったのでは?写真では見えないが、ヘッド・ウイング・スロートの移行部がスムースでない。そしてトッピングが意図した感じと違う(ちょっと突きあがっている感じ)。
6つ目、最後のダーハム・レインジャーを仕上げた後、もう一度ウィルソンをやり直すことにした。ヘッドのコーティングを注意深く削り剥がし、スレッドを見つけ、わずかづつ巻き戻し始めた。ウイングを外し、実はスロートもやり直した。今度はちょっと長めのピンテイルを使った。そして今回はグレイ・マラードをルーフとして使うことにした😏。やってやれないことはないだろう!?ルーフはウイングの一部だし、クラシックの本においては、しばしば、明記されていないときがある。これならターキーとバスタードの上に取り付けられる!今度はターキーとバスタードを12本づつ結合デザインさせ、まずマウント。その上のカーブにそって、グレイ・マラードのストリップをルーフとして巻いた。残りのマテリアルを巻き留め、今度はトッピングもヘッドも納得いくように仕上げられた👏😎

というわけで、私はこのようにしてザ・ウィルソンを翻訳し完成させたのだ。
ここまで読んで、なぜ私がしばしば翻訳・読み解くなど言うのか不思議に思った読者もいるかもしれない。また、なぜフライ・タイイングに翻訳・読み解きなどが必要になるのか?私達が知るアトランティック・サーモン・フライは書物によるものだ。たくさんのパターンが、あるいは全てのパターンが、現存しているわけではない。もちろん、これほど複雑な人工物を作り上げるにはそれなりに習い・従わなければならない規則・手順がある。ランダムに行き当たりばったりで作られるジャンク・アートなんかではないのだ。テクニックと規則は、練習の上に練習を重ねてのみ習い・身に着けられる。しかし、規則や決まりごとが実際はない部分もあるのも事実だ。メアリッド・ウイングにおいて、どの羽根・どの色が上に下になるかなど明記されてない。また、複雑なデザインのメアリッド・ウイングなど、19世紀末の人々は本当にこしらえたのだろうか・・・・・?さらには、同じ名前のフライなのに、なぜ筆者によって使われているマテリアルやスタイルが違うのだろうか?

現在において、私達がとあるフライの名前を声にすると、あるいはタイプすると(トラウト用でも、スティールヘッド用でも、その他何用でも)、ほとんどのフライフィッシャーとフライタイヤーが、同じ色・同じマテリアル・同じスタイルで巻かれたフライを頭に浮かべるだろう。ここでは、個々のフライの歴史を振り返ることはできなけれど、これらのフライは、アトランティック・サーモン・フライなどより、はるかにたくさんの人々とメディア(本、雑誌、さらにはインターネット)によって話され、知られているのは事実だ。アトランティック・サーモン・フライの歴史は簡潔である。その中で、19世紀末から20世紀初頭のほんの短い期間がゴールデン・エイジと呼ばれている。これらのフライは、大英帝国の島々でのみ、巻かれ、使われ、発表されていたのだ。さらには、サーモン・フライフィッシャーは今現在なんかより遥かに少なかったはずだ。これは私たちの想像でしかないが、ジョック・スコットでもグリーン・ハイランダーでもドクター系でも、ある筆者とその友達・知り合いなどのヴァリエーションがそのまま記録されてしまったのではないだろうか。

想像といえば、これら‟失われつつある芸術”に関わるとき、私達はときどき想像してしまいがち空想になってしまいがちのときも多々ある。19世紀末の人々は、今の私達が額装のために作り上げる複雑かつ美しいメアリッド・ウイングを実際作っていたのだろうか?これは明らかに現代っ子の私達自身の手法だ。そして、それぞれのドレッサーが異なりかつユニークに仕上げる。この手の疑問は後を絶たない。オウムの羽根は実際メアリッド・ウイングに使われたのだろうか?そんな長い・大きい羽根があったのか?それともサイドとして使われたのか?そもそも実際のフライの大きさはどんなだったのだろう?

さらに現代の私達は、これらを芸術と呼び、取り組んでいる。これでは、討論に正誤も、フライにうまいも下手もないのではないか!?

しかし、いくつか確信していることがある。まず第一に、これらの思い・考察は私のエゴやナルシズムから来ているわけではないこと。次に、アトランティック・サーモン・フライを完成させるためには、いくつかの規則(テクニックと理論)が絶対に存在し、それらは練習によってのみ培われるということ。これらの原則に基づいたうえで、初めてドレッサーは自らの好み・スタイルを発達・発展させられるということ。そして、その域に達することができたなら、他人のそれも認知し受け入れることだ。いいか悪いか、美しいか醜いか、フライタイヤー間で批評し傷付け合うより、まずは自分自身のフライを批評したらどうか!そして、むしろフライ・タイイングやアトランティック・サーモン・フライの経験の無い人々に見せて、意見をもらってはいかがだろうか?

ザ・ウィルソンに取り組み完成させたからこそ、これらの思いが頭を駆け巡り、これほど書き出すに至ったわけだ・・・・・・

私の個人的旅路は続く・・・・それでは次のプレートに取り組もうか!

Monday, January 15, 2018

冬のイエローストーン国立公園

イエローストーン・カントリーでは冬が続いている!どう解釈するかは個人次第:寒く厳しい😰、運転するのに危険な道路😱、そしてフライフィッシャーの観点では、2018年もまた各河川は豊富な水位で流れ続けるであろう👍
春まで、積雪量の情報をチェックしよう!

また、この季節は冬を探索し経験するのに最高の時期でもある。イエローストーン国立公園に向かい、トレイルを歩いた。

私達が大好きなラマー川とソーダ・ビュート・クリークの草原に向かう途中、ラマー渓谷の底に野生動物を目撃!車を停める直前からすでにコヨーテとは違うと見えた。
これはオオカミではないか・・・・・・・初めて👏

 コヨーテやキツネより明らかに大きい。また毛色もそれらとは違う・・・・

その後スノーシューで雪道を探索。このトレイルは他より人気がなかった。占拠していたのはコイツラのみ🐉🐊
“石化した木”まで歩いた。
お決まりバッファロー・セルフィー。
帰り道、北門=ルースヴェルト門のすぐ外のイエローストーン・フォーレヴァーに寄った。ガイドにいそがしい季節には立ち寄る時間もないし、同時に観光客で混み合っているが、冬ならこういうところも楽しめる。素敵なお土産店と、どこに野生動物が目撃されているかのライヴ情報🐻🐺🐾🐂も含め、いろいろ情報をくれる。そこでかなりユニークな本を見つけたので買わずにいられなかった。これは私のトラックに乗せておき、クライアントの道中読んで・習っていただきます❗
フライフィッシャーにとって、冬のイエローストーン国立公園とその周辺の地域は魅力的ではないかもしれない。しかし、もしビジネス・スキー等で訪れる際は、ぜひ考慮しよう。釣りのシーズンが開幕するのは5月末だが、それまでまた出かける予定だ✌😉





Sunday, December 10, 2017

ガイド本への寄稿

フライの雑誌113号「次の一手」に再びご寄稿させていただきました。
そろそろ新年への次の一手を考える季節でもありますね~~
*********************************************************************************

こちらで新発売のエキサイティングなガイド・ブックをぜひ紹介したい。アイダホ州アイダホ・フォールズ在住のブルース・ステイプルズ氏はこれまでいくつもの記事や単行本を発行してきた。氏には、私が毎年参加しているイースト・アイダホ・フライ・タイイング・エクスポを通してお知り合いになった。今回の本はイエローストーン国立公園を含め、周囲のワイオミング州・アイダホ州・モンタナ州の‟有名河川の影に隠れている河川・ハイキングを伴う山岳地域の河川・湖沼”のガイド本だ。日本からの購入はわからないけれど、こちらのアマゾン・リンク
読み始めたばかりだが、おもしろい!これからマークし、リストを作るだろう!
リヴィングストン近くのとある渓流について寄稿した😊👏 渓の写真も採用された📷
 また私のオリジナル・フライも掲載されている😏👍

イエローストーン・カントリーというと、アメリカの他の州から訪れる釣り人の間はもちろん、日本でもよく知られているマディソン川やヘンリーズ・フォークなどが、最初に挙げられるであろう。訪問アングラーにとってはこれらの河川湖沼の釣行は、それなりの計画が必要になるだろうが、有名河川を十分釣って、ちょっと人混みを避けたいという境地になったら、ぜひこの本を参考にバックカントリー・フライ・フィッシングに挑戦しよう!!

Sunday, November 19, 2017

冬とタイイング・シーズン到来

前回のポストの直後に冬が突然、それでも予想通り到来した。なので、今月からはタイイング・ベンチかつてないほどの時間と情熱を持って過ごしている。

春まで毎週一回タイイング・ビデオをユーチューブにポストする予定。祝日等のため、抜ける週もあるかもしれないけれど、ネタにはつきないはず!

またインスタグラムでも、これらの写真をポスト・更新中。私は釣りやガイドの際、ソーシャルメディアのためのアイフォン操作をあまり行わないようにしている・・・・。このようにタイイング・ベンチや景色などリラックスしているときの方が私向きだ。さらに、オンラインの向こうには素晴らしいタイヤ―がいらっしゃる!

ぜひ取り組みたかったのが、ジョージ・ケルソンのザ・サーモン・フライ(1895年)のプレート2に描かれている6つのフライであった。2016年内に3つ仕上げた。その後の冬と春は、私用に費やした。なので、これら3つのフライは額装されることなく一年間も小さいプラスチック・コンテナーに保管されていた。残りの3つがついに仕上げられた😌。同時に待った価値があった。リヴィングストンのプロ・フレーマーと知り合いになり、いろいろアドバイスもいただくようになった。楕円形にマットをカットしてもらえるか依頼した。これによってドレッシング以後の生活がかなり楽になった😄

それではお披露目。

ザ・バロン(左下)

ハーレクイン(右上)

ジョン・ファーガソン(右中)

ザ・ライオン

シルバー・ドクター(右下)

サンダー・アンド・ライトニング(左上)

また、シングル・フライにも取り組んだ。
ザ・ワイルド・アイリッシュマン

そして

これは記録に残っている中で間違いなく最も複雑かついそがしいパターンのひとつだろう。

こちらではもうすぐサンクスギビング(感謝祭)でターキー(七面鳥)を食べるのが慣習🐦🐔🍗😋

Tuesday, October 31, 2017

深秋イエローストーン・カントリー

10月が終わりつつある。いつも通り長月だった・・・・・・。アトランティック・サーモン・フライに時間を宛てているが、釣り・ガイドを中締めしたわけではない。

今年の10月中旬は、かつてないほど強風が吹き荒れた😨加えて、季節外れに気温20℃近くまで至った日が何日かあった🙀。最終的にここ一週間程普通の秋の天候が続いている。

デピュー・スプリング・クリークに立ち寄ってみた。紛れ込んだのは誰😲❗❓
 ムース=ヘラジカだ・・・・・

私達はこの秋最高の天候を選んだ。やや寒い程度の気温、一日中ほとんど曇り空、そして何より無風。まずはイキのいいレインボー!
 大型ハンサム・ブラウントラウトも何尾か釣り上げた!


すぐ上のはミッジ・ドライで仕留めた😲そして、ポンプの結果が示すようベイティス・メイフライもハッチしていた。
 この季節、カットスロートもクリークをウロウロしている。


そして、久し振りに釣りにも出かけた😁
 愛しの人といっしょに😘

イエローストーン国立公園のシーズンは11月5日日曜日で終了する。
9月から文字通り“釣り人の一群”が公園の西側、マディソン川・ギボン川・ファイアーホール川に向かう。私もかつてそうした。今でもたまに忍び込むが。
私達は全く別の方角に向かった。夏季の釣り人・観光客・車両渋滞は完全に消えていた。クリークでの釣りは、夏のそれと比べれば、ベストではなかったかもしれない。しかし、私達は、私達を取り巻く景色、自分達だけの区間、そして完全なるひっそり感を楽しんだ。それぞれ幾尾かのカットスロートを釣り上げたのはうれしいボーナスだった😁✌



11月だってまだまだ大型ブラウンを狙うチャンスは十分ある(天候と夏時間終了のため多少制限はあるが)。
リヴィングストンのスプリング・クリークでのガイド・トリップは受け付けている。自分でも釣りに出かけるかもしれない。そしてもっとフライ・タイイングに時間を宛てるようになる。ユーチューブのヴィデオとフライ・カタログを更新し、アトランティック・サーモン・フライの芸術を常に・更に追及していく。
秋の釣りと冬のフライ・タイイングを楽しもう!

Sunday, October 8, 2017

イエローストーンの秋

イエローストーン川においてかなりの高水位の年だ。暑かった夏を通して、秋の今まで統計平均を遥かに上回る数値で流れ続けている。今年は濁流(イエローストーン公園内の支流・ラマー川とソーダ・ビュート・クリーク付近での夕立による短い氾濫)が来ても直ぐに早々と流れ去り、川は“釣りが可能な緑”にいち早く戻る(イエローストーン川でのフライフィッシングは川の色の判断が全て)。また、それらの支流の水位グラフに氾濫が見て取れても、濁流がモンタナ州の区間で見られなかったことが多々あった。私の単純な予想では、イエローストーン川が今年の高水位でもって、モンタナ州に届く前に公園内で濁流を吸収あるいは薄めているではないか、と思っている。

なので、川にボートを出すときは、この季節でも波と早瀬にはこの季節でも気を付けよう!

9月のちょうど半ばから秋に移り変わった(ブログ更新にかなり間ができてしまいごめんなさい😓)。曇り空と雨の日が増え、気温も涼しくなってきた。こんな時期の一番の楽しみはストリーマーで秋の大物狙いだ!

これはマディソン川で。
イエローストーン川。
いつも通り、ニンフは効果的だ。大き目のカワゲラのニンフと小さ目のアトラクター・ビードヘッド・ニンフのコンビが常套手段だ。
そして、ドライフライでも十分楽しめる。秋のベイティス・メイフライとミッジが正午前から午後3時=一日の暖かめの時間帯にハッチしている。ボートで下るにつれ、ライズの群れを見かける。しばしば、小さ目のトラウトとホワイトフィッシュが活発に見えるが、キャスティングせず、まずじっくり観察すると、必ず数匹大型トラウトが混ざっている。
この状況を釣るにはいくつかのシナリオがある。これらの群れは岸沿いの静かな場所に起こる。ものすごく深く速い淵の端にすら見られる。この場合、ボートを停めるのは不可能かつ危険だ。そんなときはフロートしながらキャストするしかない。そのためには、ロッドを二本=片方をドライフライ、もう片方を重めの仕掛けにあらかじめ用意しておくこと。あるいはロッド一本だけでドライフライだけ釣りたいなら、そういう場所・ライズを見るまで忍耐強く待つこと。
ちょうどいい距離・角度にボートを停められることもある。どうぞ狙って!この場合、ボートを停めたところは穏やかな流れでも降りるには深くかつ危険な場合と、あるいは岸が垂直の崖になっていたりで、歩き回れない場面が多い。
もうひとつのシナリオは、ライズの群れの下流、岸際にボートを停め、ボートから降りて、岸から釣ること。超理想的な場面は、十分歩くの簡単かつバックキャストのスペースも十分あること・・・・・・たいてい後者はヤブか丘のため難しくなることが多々ある・・・・。そんなときでも、ベストのキャスティングとプレゼンテーションの角度を生み出せるようなんとかがんばろう!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
一年の次のサイクルに移行しつつある季節でもある;アトランティック・サーモン・フライ・ドレッシングとその他諸々のフライ・タイイングのプロジェクト。トラウト・フライに関しては、これからユーチューブ・ビデオとカタログを更新していく予定。額装アトランティック・サーモン・フライの注文はこれから受付開始。自分自身の課題もある。

今年第一番目は、ジョージ・ケルソンのチャーリー(ハリソン・バートリート4/0)
これはフル・ドレスにしては珍しく、ウイングの上のトッピング(ゴールデン・フェザントのクレスト)がない。全体的なシルエットと理想的なヘッドの仕上げに満足している。

完全にタイイング・モードに入る前に、秋の釣りを楽しもう😁

Wednesday, September 13, 2017

ビッグホーン川のトライコ・ハッチー伝説が現実になる川

一週間にも及ぶビッグホーン川のガイド・トリップから戻ってきた。疲れ切った体で、たくさんの思い出、貴重な経験、観察ノート、次回への改善・宿題を持ち帰った。クライアントと私は文字通り夜明けから日没まで釣り続けた。私達は、ビッグホーンの伝説的トライコ・メイフライのハッチとスピナー落下を最高潮の時期に訪れた。私のイエローストーン川での経験=ボートの操作と流れ・構造の読み解き方=とリヴィングストンのスプリング・クリークの経験=マッチ・ザ・ハッチと諸々のテクニック=のおかげで、この特殊な川の特別な季節にすぐに調節することができた。釣りのテクニックとフライの選択はもちろん、同時に他のガイドや釣り人が何をしているかも瞬時に把握できた。私達は一日中、そして一週間ずっとドライフライで釣りまくり、たくさんのトラウトを釣り上げた。大げさ・誇張無しに、これほどの水生昆虫のハッチとライズを繰り返すトラウトを宿す川は世界中にもないだろう。そしてすべてのトラウトは良型かつコンディションも良い。

以下、写真が語ってくれるであろう。

9月3日、地域にチェックインし、数時間ウェイディングしながら釣った。難しいライズを狙って当たりは出なかったが、水生昆虫の数に驚愕した。来るトリップへの期待感が高まった。
 次の日から、いざ公式トリップがキックオフ!
この川でのこのハッチには誰もが早起きする😪
トライコの雌。

 そしていざ何百万ものスピナーの飛来と落下が始まった😨

 モンタナ東部の空は大規模の野火・山火事のせいで煙ががっていた。
別名ビッグホーン・ターポン😂
私達は、午後もコンスタントにライズを見つけ釣り続けた少数派だろう。



夕暮れのブラック・カディスのハッチはこれまたすごかった😲😎



また次の朝。
 朝日と共に釣りを始める釣り人達。
私にとって、この大型トリップのハイライト=トライコ・ダブル😁😎👏👏 
またしても夕暮れ。
私のウェイダーはカディスの卵を植え付けられていた!?
アフターベイ・ダムの上空にあるのは朝方の月だ😪







いろいろな釣り人と川を共有した

ビーバーが見えますか。



交尾していたのはトライコとカディスだけではなかった。ハネアリ達も交尾と飛行の季節だった。

毎朝私のボートはトライコの休憩場になった。


 9月10日、トリップ最終日は最高の日になった。
午前6時58分、その瞬間をとらえることができた。
このたった3分弱の間にどれほどライズを数えられますか?
大型も出た!

そして夕暮れ

締めのレインボー😀😎👏

おぉ~~~なんてトリップだったことか😌
ビッグホーン川:伝説が生き続け、夢が現実になる川
リヴィングストンのスプリング・クリーク、イエローストーン川、イエローストーン国立公園と共に、ビッグホーン川は私の御用達のガイド目的地だ。
近い将来モンタナ釣行を考えているなら、ビッグホーン川は絶対考慮すべきだ(さらに詳細情報を含むページを近々掲載の予定!)